おすすめ
東鳴子温泉 旅館大沼

源泉掛け流しの庭園貸切露天風呂など8つものお風呂がある東鳴子温泉の「旅館大沼」に宿泊しました。
この宿は私がスタンプを集めている日本秘湯を守る会の宿でもあります。
鳴子温泉郷は1200年の湯歴を持つ日本屈指の古湯で、奥州三名湯のひとつにも数えられています。
その鳴子温泉郷にある東鳴子温泉は十数軒ある宿がそれぞれ違う成分の重曹泉を持つ重曹泉地帯で、2007年4月1日に「重曹泉の郷宣言」をしたそうです。
旅館大沼の建屋は、旅館の本館の旅館と湯治棟の2つになっています。
源泉は2本で、1本は純重曹泉の自家源泉で、もう1本は含食塩・芒硝重曹泉の共同源泉です。

宿に到着すると、ロビーで抹茶のお出迎え。
一息ついている間に、荷物は中居さんが部屋へ運んでいきました。

そして、この宿自慢のJR東日本のポスターにもなっている露天風呂「母里の湯」(もりのゆ)への入浴希望時間を聞かれます。
仲居さんはしきりに「今なら、すぐに行くことが出来ますよ。」と勧めてきますが、私としてはせっく来たので、他の東鳴子温泉の宿を湯めぐりしたかったので、5時の利用でお願いをしました。
通された2階の部屋にはトイレはありますが、風呂はありませんでした。
からっぽの冷蔵庫があったので、のちほど宿の前にある酒屋でビールの買出しとなりました。


東鳴子温泉 旅館大沼

この宿自慢の露天風呂「母里の湯」へは宿の車で送迎してもらいます。
通常宿泊者の利用でも有料で30分1000円らしいのですが、一回無料の宿泊プランでしたのでお金はかかりませんでした。
場所は、線路を越えての山の中にあります。
源泉は、東鳴子温泉の共同湯でした。
夕暮れ時の森の中の温泉は、30分の間に真っ暗になってきます。
入浴後服を着て、待合室で少しの間お迎えの車を待って宿に帰りました。

東鳴子温泉 旅館大沼本館1一階の暖簾の向こうには、貸切の「ふかし風呂」と「灯りの湯」、足湯の「石割の湯」、女湯の「天女風呂」、混浴の「薬師千人風呂」があります。

「薬師千人風呂」の男性の脱衣所は暖簾のすぐ左。
女性の脱衣所はつきあたりになります。
浴室は混浴ですが、このように脱衣所は男女別々になっています。

東鳴子温泉 旅館大沼

「薬師千人風呂」は千人ではなく10人風呂くらいですが、大きなお風呂という意味なんでしょうね。
壁に書かれた天女の絵は、画家の高橋典子さんが半月あまりかかって描いたそうです。
混浴ですが、夜には女性専用の時間帯もありました。

芳香浴ふかし風呂は貸切の浴室。
浴衣を着てじんわりと汗をかきます。

「露天 石割の湯」と名付けられた足湯には脱衣ボックスがあります。
どうやら足湯になる前には、貸切風呂だったようです。
ここは、かなりのぬるい温泉でした。

「灯りの湯」は小さな貸切風呂です。
広さはおとな2人が入れれば十分でしょうか。

東鳴子温泉 旅館大沼湯治棟の4階には貸切露天風呂の「陽の湯」と「陰の湯」があります。

東鳴子温泉 旅館大沼

左手の「陽の湯」の浴槽には高温で焼いた備長焼竹炭をたっぷり練り込んでいるそうで、肌のトラブルが気になる方におすすめな温泉だそうです。

東鳴子温泉 旅館大沼

右手の「陰の湯」には古来より薬効が高いとされる薬石を数種類浴槽に埋め込み体に痛みのある方にいいそうです。
東鳴子温泉 旅館大沼

夕食は一階のフロント横にある食堂でいただきます。
お刺身が苦手な私には湯葉料理(写真のお刺身の写真はつれのもの)。
日本酒は、地元の浦霞を注文しました。

東鳴子温泉 旅館大沼

朝食も同じ食堂の同じテーブルでした。
ふかし饅頭の中身はジャガイモでした。

この宿の良かったところは、朝ドアに「布団を上げないでください」の札をぶらさげられること。
こうすると、朝食を食べに行き部屋に戻っても布団でゴロ寝が楽しめるんです。
グーたらな私には、とても嬉しいサービスです。

「天女風呂」、「陰の湯」、「陽の湯」、「灯りの湯」
源泉名:大沼の湯1号・2号・3号混合泉
泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
泉温:65.2度

「母里の湯」、「薬師千人風呂」、「石割の湯」
源泉名:新井第2号線・動力揚湯源泉・新井第5号泉・唐竹沢源泉混合泉
泉質:ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温:71.5度

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34

HP:東鳴子温泉 旅館大沼

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。宿泊日:2019年10月

日本秘湯を守る会については、こちらの記事もご参考にしてみてくだい。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事