停車場の湯
スポンサーリンク

青根温泉(あおねおんせん)の足湯のひとつ「停車場の湯」を訪問です。
青根温泉はアオヌキの木の下からお湯が沸いていたことから、青根の名前がついたと云われています。
この足湯はもともとはバスの終着駅(車庫)だったとのことでこのような名前になったそうです。
雪が吹きこむからか足湯の板間が濡れています。
この材木は、地元の川崎町のものを使用しています。
足湯は、利用したときに座っても服が濡れない様に備え付けのすのこを敷いて楽しみます。

足湯の浴槽は2つ。
源泉かけ流しで、ここの源泉を使用した共同浴場(大湯)は残念ながら2006年3月15日に閉鎖されてしまいました。
このまま服を脱いで裸で浸かってみたい衝動に駆られてしまいます。
近くにある秘湯を守る会の宿「湯元不忘閣」の宿泊客はこの源泉を利用できる形で浴場が再建されています。
いつか、泊まってみたいものです。

源泉名:大湯
泉質:単純温泉・低張性中性低温泉

住所:宮城県柴田郡川崎町青根温泉
料金:無料
営業時間:年中無休(掃除の時間有)

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事