【兵庫県神戸市の温泉がある銭湯】ワンコインで入浴できます
スポンサーリンク

神戸市内には、温泉のある銭湯が何軒かあります。
銭湯料金で、温泉に入浴できるなんてかなりお得な気分になれます。
私が訪問をしたことのあるそんな銭湯をご紹介いたします。

1.神戸市長田区 六甲夢野温泉  第一平和温泉
2.神戸市兵庫区 湯元 天然温泉 朝日温泉
3.神戸市灘区  おとめ塚温泉  おとめ塚温泉
4.神戸市灘区  灘温泉     六甲道店
5.神戸市灘区  灘温泉     水道筋店

<料金>
  大人450円、中人(小学生)160円、小人(幼児・赤ちゃん含む)60円

<注意事項>
  ・バスタオル・タオル、石鹸・シャンプー・リンスなどは持参してください。
  ・下足札やロッカーの鍵は大切に保管してください。
  ・脱いだ服はロッカーに入れて鍵をかけましょう。
  ・ロッカーの鍵は手首に巻いて失くさないようにしましょう。
  ・脱衣所へ戻る際は、浴場か水切り場で濡れた体をタオルで拭きましょう。

神戸市浴場組合連合会
https://www.facebook.com/Kobesento/

1神戸市長田区 六甲夢野温泉  第一平和温泉

第一平和温泉「第一平和温泉」は、神戸市営地下鉄の上沢駅から徒歩ですぐ近くにある温泉銭湯です。
源泉名の龍の湯は、「ラーガの湯」と呼ばれています。
ラーガとは、インド神話に出てくる蛇で、これが中国で龍となり日本に伝わったとのことです。

建物裏手には、広い無料の駐車場もあって車での訪問にも適しています。

内湯の浴槽は棚田式で上段は浅バイブラと電気風呂になっていて、下段は深風呂です。
奥には別料金の塩サウナがありました。
左手の扉を開けると露天エリア。
水風呂と岩風呂、それに屋付きのジャグジーになっていました。

露天の岩風呂で、少し色付いている温泉を堪能させていただきました。

温泉基本情報

源泉名:六甲夢野温泉 龍の湯
泉質:単純温泉(低張性・中性・低温泉)
泉温:30.0度
湧出量:100L/分

料金・アクセス情報など

住所:神戸市長田区四番町1-11-16
電話:078-575-4361
営業時間:14:00‐10:00
定休日:年中無休

浴室の写真は、ホームページより転載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

2神戸市兵庫区 湯元 天然温泉 朝日温泉

湯元 天然温泉 朝日温泉「朝日温泉」の建物は、神戸駅から徒歩10分程度線路の高架に沿って兵庫駅方面に歩くと見えてきます。
創業は昭和16年(1941年)だそうです。
1階が駐車場で、2階が受付と休憩所それに脱衣所になっていて3階が浴室でした。
受付で、下駄箱の鍵と引き換えに脱衣所のロッカーキーを受け取ります。
裸になって、階段を上がると浴室です。

温泉の浴槽は、ぬる湯と熱湯それに源泉浴槽です。
少しぬる目の源泉浴槽はかけ流しになっていて、入浴していると気泡がまとわりついてきます。

その他に、泡風呂や電気風呂などがありました、源泉浴槽でかなりの時間まどろんでいました。

無料のスチームサウナと有料のドライサウナもありました。

銭湯の温泉とは思えない、極上の源泉を堪能することが出来ました。

温泉基本情報

源泉名:巳泉の湯(みせんのゆ)
泉質:単純温泉(低張性・中性・低温泉)
泉温:30.8度
湧出量:508L/分
PH:6.8

料金・アクセス情報など

住所:神戸市兵庫区永沢町2-3-3
電話:078-577-1836
営業時間:7:30‐24:00
定休日:水曜日

HP:湯元 天然温泉 朝日温泉
http://asahi-onsen.cool.coocan.jp/index.html

湯元 天然温泉 朝日温泉

浴室の写真は、ネットより掲載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

3神戸市灘区  おとめ塚温泉  おとめ塚温泉

六甲 おとめ塚温泉

「おとめ塚温泉」の南には、処女(おとめ)塚古墳があり、東西にそれぞれ求女(もとめ)塚古墳があります。
店名は、これら三つの塚にまつわる美しくも愛しい物語にちなんで名づけられました。

むかしむかし、このあたりは海べりの豊かな土地で菟原と呼ばれておりました。
ここにひとりの美しい乙女が住み、菟原乙女(うないおとめ)と呼ばれ、多くの若者たちから吾が妻にぜひ、と求め続けられていました。
中でもこの地に住むたくましい若者菟原壮士(うないのおとこ)と、東の方茅渟(ちぬ)に住み笛をよくする茅渟壮士(ちぬのおとこ)はとりわけて激しく乙女を求め、ふたりの愛にはさまれて、彼女のこころはなすすべもなく切なく揺れ動くのでした。
そして乙女はふたりの壮士(おとこ)のひたむきな想いのどちらへも傾くことができず、遂にある夜舟をととのえ、海のかなたへと去ってゆき、何処かに身を隠してしまいました。
乙女は自分を愛するふたりの若者が、その愛の純粋なあまりにあい争うことになるのを見るに忍びなかったのです。
それを知ったふたりの若者は、それぞれ乙女を追ってまた海のかなたへと旅に出、ふたたびこの里に帰ることがなかったということです。
後世、このあまりにも愛しい恋の物語を偲んで萬葉の歌にもなり、ものがたりにも多く書かれて今もなお三つの塚がここにまつられております。

この土地の愛恋のものがたりに因んで「六甲おとめ塚温泉」となり、サロンは菟原乙女(うないおとめ)の優美さをあらわし、向かって右の風呂は茅渟壮士(ちぬのおとこ)の都ぶりのやさしさ、左のふろは菟原壮士(うないのおとこ)の鄙ぶりの強さを象徴するものとしてデザインされています。

男女の浴室は日替わりで、
偶数日は、男湯が「益荒男の湯」(塩サウナ)、女湯が「神楽の湯」(サウナ)
奇数日は、男湯が「神楽の湯」(サウナ)、女湯が「益荒男の湯(塩サウナ)
となります。

訪問時の男湯は、「益荒男の湯」で、1階は脱衣所になっていて、ここから階段で2階にあがります。
2階にはかなり狭い白湯のジャグジータイプの寝湯などがあります。
さらに、階段で3階に上がると温泉浴槽とサウナになっています。

そして扉の向こうには水風呂と露天風呂。
豊富な湯量と適度な泉温のうす緑色でかすかな硫黄臭と甘いかおりの温泉は源泉かけ流しです。
そして、ほどよい泡付きがあります。

都会の温泉銭湯とは思えない良質の温泉でした。

温泉基本情報

源泉名:六甲おとめ塚温泉 乙女の湯
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・中性・温泉)
泉温:41.6度
PH:7.4
湧出量:480L/分

料金・アクセス情報など

住所:兵庫県神戸市灘区徳井町3-4-14
電話:078-851-2228
営業時間:6:0‐25:00(最終受付24:30)
定休日:年中無休

HP:元湯・天然温泉 六甲おとめ塚温泉
http://otomeduka.com/index.html

 



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

4神戸市灘区  灘温泉     六甲道店

灘温泉 六甲道店

「灘温泉 六甲道店」は、昭和7年(1932年)6月1日に「灘浴場」として開業し、平成11年(1999年)12月26日にリニューアルオープンしました。
玄関正面のフロントで入浴料を支払って、右手の男湯の暖簾をくぐります。

右手の外壁側に洗い場が並んでいます。
反対側の女湯との境に沿って、白湯のジェットバスと電気風呂の浴槽があり、その向こうは円形の加温した薄茶色の温泉浴槽があります。

そして正面には、源泉風呂。
源泉温度は、31度ですがこれが夏場には非常に気持ちがいい。
大人2人でキチキチの大きさの浴槽に、みなさん順番で入浴します。
この源泉は、浴槽横にかかり湯のスペースもあります。

外には、水風呂と温泉の打たせ湯と加温した温泉の岩風呂の露天風呂にサウナの小屋がありました。

源泉浴槽は冷たいので、楽しむのは暑い夏場がいいでしょう。

リンスインシャンプーとボディソープは備え付けられていました。

温泉基本情報

源泉名:新温泉
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性・中性・低温泉)
泉温:31.1度
湧出量:395L/分
PH:7.1

料金・アクセス情報など

住所:兵庫県神戸市灘区備後町3丁目4番地
電話:078-854-6545
営業時間:6:00‐25:00(最終受付24:15)
定休日:不定休

HP:灘温泉 六甲道店
http://www.nadaonsen.jp/rokko_index.html

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

5神戸市灘区  灘温泉     水道筋店

灘温泉 水道筋店「灘温泉 水道筋店」は、昭和13年6月1日創業の温泉銭湯で、徒歩20程度のところには六甲道店もあります。
現在の建物は平成15年(2003年)10月10日に建替えられました。
裏手には、車20台分の広い駐車場もあります。

店の前には身体の辛いところを源泉で濡らした布でさする”さすり観音”があります。
フロントで入浴料を支払い、脱衣所に入ると温泉分析書が掲示されていました。

灘温泉 水道筋店

内湯には、加温循環の温泉浴槽と源泉かけ流しの浴槽があり、源泉温度が低いので1分毎の交互の温冷入浴がおすすめです。
炭酸を多く含んだ温全は泡付きがとてもいいです。

その他に、白湯の打たせ湯やジェットバス・電気風呂がありました。

カラン(洗い場)には、ボディソープとリンスインシャンプーが常設されています。

外には、加温循環の温泉浴槽と水風呂、別料金で楽しめるサウナもありました。

温泉基本情報

源泉名:水道筋 灘温泉
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・中性・温泉)
泉温:35度
PH:7.0
湧出量:290L/分

料金・アクセス情報など

住所:兵庫県神戸市灘区水道筋1丁目26番地
電話:078-861-4535
営業時間:5:00‐24:00(最終受付23:15)
定休日:不定休

HP:灘温泉 水道筋店
http://www.nadaonsen.jp/suidou_index.html

 

浴室の写真は、ホームページより転載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

最後に

関西を代表する港町神戸に残る銭湯に、いくつもの極上温泉があります。
500円玉でお釣りがくる温泉巡りも楽しいものです。

浴室の写真は、ホームページより転載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事