【天然温泉 卑弥呼ロマンの湯】朝倉市健康福祉館の日帰り温泉施設
スポンサーリンク

とろりとした肌触り

「卑弥呼ロマンの湯」は。甘木鉄道の終着駅で本社のある甘木駅から徒歩圏内にある施設です。
ここは公共の施設で、温泉の他にデイサービスやカルチャー教室などを併設した地域の健康促進センターの役割も担っています。

受付の券売機で入浴券を購入し、売店や休憩室を通り抜け浴室入り口へ向かいました。
男湯と女湯の浴室は毎週月曜に交替しています。
再入浴可能で食事処や憩いの間と呼ばれている和室の大広間もあるので、一日のんびりする人が多いようです。

天然温泉 卑弥呼ロマンの湯

温泉は源泉かけ流しで、浴室は中央のぬる湯と奥にあつ湯、それと打たせ湯がありました。
浴室の天井も高く開放感のある温泉でした。

温泉基本情報

源泉名:卑弥呼ロマンの湯
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:48.0度
PH:9.5

料金・アクセス情報など

住所:朝倉市甘木198番地1
電話:0946-21-8800
料金:大人(中学生以上65歳未満)530円、小学生200円、小学生未満無料、65歳以上又は障がい者420円
営業時間:9:00-22:00(受付21:30 まで)
定休日:毎月第3 月曜日(祝祭日の場合は、その翌日)、12月29日から1月1日

HP:天然温泉 卑弥呼ロマンの湯
http://himiko-romannoyu.com/

浴室内の写真は、ホームページより掲載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事