紫尾温泉 神乃湯 足湯
スポンサーリンク

名物はあおし柿

紫尾山(しびざん)の東に位置する紫尾温泉に足湯があります。
正式名称は、「紫尾区営大衆浴場 足湯」で、平成17年(2005年)8月に造られました。
透明な温泉で満たされた足湯の浴槽内には、白と黒の玉石が敷き詰められています。
この温泉は白く濁る日もあって、そのときは「神さまがご入浴された」ということで喜ばれるそうです。
紫尾温泉 神乃湯 足湯

源泉は足湯の裏手にある紫尾神社の拝殿下にあって「神の湯」と呼ばれています。
隣には、共同浴場もあります。
「神の湯」は持ち帰ることも出来て、その場合は寸志を入れます。
料理やお酒の水割りなどに利用したり、秋には15時間ほど柿を浸けて「渋」を抜いて名物の「紫尾温泉あおし柿」にするそうです。

温泉基本情報

源泉名:神之湯
泉質:単純硫黄泉
泉温:50.3度
PH:9.4

料金・アクセス情報など

住所:鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2165
料金:無料
定休日:年中無休
営業時間:5:00-21:30

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事