龍神温泉 下御殿

約1300年前に開湯されたと言われる龍神温泉にある宿「龍神温泉 下御殿」に宿泊しました。
龍神温泉は島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉と合わせて「日本三美人湯」と呼ばれています。
また、この宿の「龍神温泉 下御殿」はその名の通り、紀州藩の士初代藩主である徳川頼宣が湯治の為に建てさせ、その後に払下げられたとのことです。
下御殿の建物は、現在は建て替えられていますが、2軒隣にある上御殿は、江戸時代の面影を今も残しています。
上御殿と下御殿は経営は別々ですが、遠い親戚関係とのことです。
この宿は、日本秘湯を守る会にも加盟をしています。

宿の入り口は、駐車場のある道路から階段を下ります。
ロビーは珍しく囲炉裏のある和室になっています。
その隣はお土産コーナー。
食事もこの階にある個室の食事処でいただきます。

今回お世話になる部屋は、フロントから1つ上の階にある206号室「きり」の間。
スタンダードな部屋でバス、トイレ付き。
なにも入っていない冷蔵庫もあり、これは自由に飲み物を持ち込めるので、後から付近を散策ついでに酒屋でビールを買ってきて補充させていただきました。
カップラーメンが有料で置いてありましたがこちらは利用することはありませんでした。

温泉は男女別々の内湯と混浴の露天風呂。
内湯は、夜に男女の浴室が入れ替わります。
内湯と露天風呂ともに無許可撮影禁止だたので、宿の女性スタッフに許可を得て撮影しました。

龍神温泉 下御殿
到着後すぐに内湯に入りましたが、美人の湯に私のような中年男性が入浴をしたところでその効果はほとんど見込めません。
それは重々承知をしてはおりますが、温泉の効果は別にしてまずは入浴。
洗い場が畳のお風呂はたまにありますが、ここのように浴槽内も畳になっているは珍しいです。
龍神温泉 下御殿
翌日入った内湯は、石畳の檜風呂。露天風呂には、カラン(洗い場)はないので朝からこちらで身体と頭を洗わせていただきました。

龍神温泉 下御殿

混浴露天風呂は、フロントにあるバスタオルを巻いて入るようにとのことでした。
客室や露天風呂とは別のフロアにあるフロントにいちいち取に行くのが煩わしい。
個人的には混浴露天風呂の入り口に置いてほしいと思いました。
まあ、滞在中に3回利用させていただきましたが、他に入って来る人はいなかったので、いつも通りひとりきりの混浴風呂でした。
もちろん、誰も入ってこなかたのでバスタオルは巻ませんでした。
したがって、バスタオルをフロントに取りに行ったのは最初の一度きり。
しかしながら、この混浴露天風呂は川を渡る橋から丸見えなので、恥ずかしがり屋の人はその点も注意は必要です。

龍神温泉 下御殿
川に面している露天風呂なので、開放感もあり入浴していて気持ちはいいです。
こちらの写真は、橋の上から露天風呂を撮影した写真。
確かに丸見えです。

食事は個室でいただきます。食事中の挨拶がおかみでななく宿の主人からありました。
これは初めての経験。

メニューはその月ごとに変わるようで、献立表もきちんとありました。
刺身は紅鱒ですが、刺身の苦手な私には合鴨のスモークが用意されています。

朝食は、正方形の箱に入った小鉢がメイン。
それに豆乳豆腐を固形燃料で温めるもの。
彩は鮮やかですが、箱ごと冷やされていたものを出されているので、この朝食の好みは別れるところでしょうね。

この宿の売りはやはり、川面の混浴露天風呂なのでしょう。
個人的には、時間帯で男女を別々にしたらもっと気兼ねなく利用出来るのではと思います。
あと、橋からの丸見えをどうにかすることでしょうか。
せっかくの露天風呂が少しもったいない。

宿泊日:2019年6月

住所:和歌山県田辺市龍神村龍神38
電話:0739-79-0007

源泉名:龍神温泉 下の湯
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温:43.3度
PH:7.8

龍神温泉 下御殿

宿泊日:2019年6月

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

日本秘湯を守る会に関してはこちらの記事をご覧ください。

このブログの応援お願いします。 「ブログ村」のバナークリックしてください  m(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
いいね!ボタン 1 いいね!
読み込み中...
おすすめの記事