嬉野温泉 御宿 高砂
スポンサーリンク

小さな大浴場

「御宿 高砂」は嬉野川沿いにある客室数10部屋のこじんまりとした宿です。

脱衣所に掲示されている温泉分析書の源泉は、嬉野温泉で配湯されている「嬉野温泉観光株式会社第4-1源泉」の記載がありました。
嬉野温泉のあちらこちらで見かける源泉名ですが、分析日が異なるからか泉温やPHがそれぞれ微妙に違います。
まさに温泉って生き物なんですね。

扉を開けると洗い場(カラン)になっていて、かかり湯などは源泉を桶ですくって利用します。
シャワーも付いているので、そちらを使うことも出来ます。

浴槽は洗い場の奥にある半露天式の浴槽がひとつ。
さほど広くはないですが、奥が熱くて手前がぬるくなっているので、浴槽内で適温の位置をキープして入浴しました。
大浴場と呼ぶには手狭ですが、客室数10部屋の宿ならこの広さで十分なのでしょう。

かつて、この宿には看板猫のミーちゃんがいましたが、2018年10月14日に22歳で天国へ旅立ちました。
男湯の脱衣所前にある下に温泉のパイプがある場所が、彼女の大のお気に入りだったのは今では思い出となっています。

温泉基本情報

源泉名:嬉野温泉 嬉野温泉観光株式会社第4-1源泉
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
泉温:91.5度
PH:7.4

料金・アクセス情報など

住所:嬉野町大字下宿乙730-19
電話:0954-42-0035
外来入浴料金:大人750円、小人375円
営業時間:11:30-16:00

HP:嬉野温泉 御宿 高砂
http://www.onyado-takasago.jp/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事