おすすめ
湯泉地温泉 やど湯の里

湯泉地温泉のはずれにある日本秘湯を守る会の宿「やど湯の里」に宿泊です。
この宿の立地は、川と崖の間に道と宿がへばり付くようになっていてまさに断崖絶壁。
源泉が宿の前の崖から噴出しているので、新鮮な温泉を供給するにはここがベストなのでしょう。
しかし、残念ながらその源泉は今は宿につながる地中にあり垣間見ることは出来ません。
近くの崖からはほんの少しだけ、温かい温泉がチョロチョロと白い湯の華とともに流れているのは確認出来ました。
そんなこの宿自慢の温泉はもちろん源泉かけ流し。

宿の入口は、重厚感のある調度品とソファーのあるロビー。
なんだか昭和のバブル時代を彷彿とさせてくれます。
1日の予約は3組程度しかとらないとのことでこの日も宿泊客は3組とのことでした。

今回のお部屋の名前は「次郎」。
なんだか変わった部屋の名前ですが、この宿の部屋はみんなそんな感じ(太郎とか叔母とか)で、先々代が付けたらしいです。
部屋にトイレはありますがバスはありません。
まあ、温泉宿の部屋にバスがなくても問題はありませんね。
あと、設備としては冷蔵庫もありませんでした。
それほど暑くはなかったので困りはしないのですが、湯上りには冷たいものが欲しいのでビールは食事まで我慢するとして、ポットに入れた氷水を用意してもらいました。
部屋の窓から真下に見える川には、大きな鯉が3,4匹泳いでいました。

温泉は階段を下りて1つ下の階。
コンクリートの壁がなんだか洞窟っぽい雰囲気です。

脱衣所は、温泉宿にしてはかなりシンプルでまるで共同浴場のよう。
アメニティなどはありません。

浴槽は内湯と露天風呂がひとつずつ。
ボディーソープとリンスインシャンプーがありますが、源泉かけ流しの硫黄泉なので身体は洗わなくても温泉が汚れを流してくれました。

露天風呂で対岸の山の木々を眺めてのんびりとひとりで硫黄泉を堪能させていただきました。

湯泉地温泉 やど湯の里
浴槽の温泉には大量の白い湯の華が浮遊。
これは、温泉好きにはたまりませんね。

湯泉地温泉 やど湯の里

食事は別室でいただきます。
生魚が苦手な私には、鮎の刺身の代わりに鮎のあんかけを出していただきました。
どの料理も美味しい。
なにより、ひとつひとつの器に包丁での趣向があり目でも楽しませてくれます。

朝食には鮎の甘露煮。
これで、昨晩の鮎の塩焼き、天婦羅、あんかけを含めると5匹の鮎をいただくことになりました。
まさに鮎づくし。
でも、季節ものでいろんな調理方法で出されたので飽きることはなく、逆に良かったです。

温泉も料理も満足のいく宿でした。

湯泉地温泉 やど湯の里それと、この宿の女湯は駐車場から丸見えなので男湯と逆にしたほうがいいのかと。。。。

源泉名:湯泉地温泉
泉質:単純硫黄温泉
泉温:50.2度
PH:8.6
湧出量:49.5L/分

住所: 奈良県吉野郡十津川村武蔵846
電話:07466-3-0020

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

日本秘湯を守る会に関してはこちらの記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事