【平家平温泉 御宿 こまゆみの里】混浴露天風呂のある温泉宿
スポンサーリンク

丸太の浴槽

「こまゆみの里」は、日光国立公園奥鬼怒温泉郷にある平家平温泉(へいけだいらおんせん)の1軒宿の温泉で、その創業は昭和59年(1984年)だそうです。
ここは”日本秘湯を守る会”の宿でもあります。
天井の高いロビーには、熊や鹿の剥製が飾られていて、木を基調とした内装はいかにも山奥の一軒宿という感じです。

こまゆみの里今回宿泊をした部屋は1階の奥にある「あすなろ」と名付けられた和室でした。

温泉は、内湯と露天風呂が別々の場所にあって途中までは同じ廊下を歩いていきます。

こまゆみの里岩風呂になっていて温泉は源泉かけ流しです。
内湯の浴室からさらに歩いていくとあるのがこの宿自慢の露天風呂。

こまゆみの里

露天風呂は女性専用と混浴の2つになっています。
紅葉はもう終わっていて、寒い時期ですがちょうどいい湯加減で気持ちよく入浴することができました。
そして、この宿名物のひとり用の丸太風呂が三つありました。

こまゆみの里

夕食は食事処でいただきます。
生魚の食べられない私には、鯉の刺身の代わりにこんにゃくの刺身が出てきました。
サイコロステーキ、天ぷら、鮎の塩焼き、蕎麦など品数も多くどれも美味しかったです。

朝食の味噌汁は、自分で鍋にキノコと豆腐を投入して頃合いを見て器によそっていただくスタイルでした。

癖のない源泉かけ流しの温泉を十分満喫させていただきました。

温泉基本情報

源泉名:こまゆみの湯
泉温:44.1度
PH:6.6
湧出量:540L/分

料金・アクセス情報など

住所:栃木県日光市川俣646-1
電話:0288-96-0321

HP:御宿 こまゆみの里
https://komayuminosato.info/index.html

私が宿泊した秘湯を守る会の宿

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。







スポンサーリンク
おすすめの記事