おすすめ
妙乃湯温泉

泉質の異なる2つの源泉を持つ「妙乃湯温泉」(たえのゆ)を訪問しました。
この宿の創業者が日蓮宗の信者だったので、「妙」の字を屋号に付けたそうです。
「妙」の文字には、凡人が仏となる不思議な力があるらしいです。
お寺にも、「妙」の字があるところが多いのはそのことからきているのでしょうかね。

この宿は、立ち寄りでお昼も食べることが出来るので、温泉に入る前に稲庭うどんを食べることにしました。
カウンターで川の流れを楽しみながらいただきました。
館内も食堂もいいセンスです。
女性に人気の宿なのが納得できます。
湯めぐりの途中で食べる日本三大うどんのひとつは喉越しも良くて旨かったです。

妙乃湯温泉日帰り入浴800円は、乳頭温泉郷7軒の宿で一番高額。
温泉宿の外来入浴としてはごくごく普通の料金なのですが、他の宿の料金が安すぎるとなんだか高く感じてしまいます。
フロントで昼食代と入浴料支払おうとしながら、今日、大釜温泉に泊まることを伝えると「湯めぐり手帳」をすすめられました。
これは、乳頭温泉郷に泊まる人が購入出来るもので、一冊1800円で有効期間は1年。
乳頭温泉郷の7軒の宿のに1回づつ入浴できるので、湯めぐりをするならとてもお得です。
係の人が、大釜温泉に電話で私の宿泊確認をして購入することが出来ました。

浴室は、一階通路の奥になります。妙乃湯温泉

内湯は透明な「銀の湯」と濁り湯の「金の湯」。
なんだか有馬温泉と同じネーミング。
「金の湯」は頭を置く枕木があり寝湯でまったり出来ます。

妙乃湯温泉露天風呂の浴槽も「金の湯」と「銀の湯」。
こちらは男女の内湯からそれぞれつながっている混浴露天風呂です。

銀の湯は源泉風呂でぬるめの温泉。

妙乃湯温泉

雨で少し増水した川を眺めての入浴となりました。

源泉名:湯本
泉質:酸性-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉
泉温:56.3度
PH:2.52
湧出量:42L/分

源泉名:妙乃湯
泉質:単純温泉
泉温:37.2度
PH:6.5
湧出量:200L/分

住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
電話:0187-46-2740
料金:800円
営業時間:10:00-15:00(立ち寄り湯時間)
※ゆめぐり帖を利用

HP:乳頭温泉郷 妙乃湯温泉

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事