ラムネ温泉館
スポンサーリンク

2005年8月に開館した大分県竹田市の長湯温泉の「ラムネ温泉館」を訪問です。
温泉施設としてはかなりお洒落な建物で、東京大学名誉教授で東京都江戸東京博物館館長でもある建築家の藤森照信さんのデザインによるものです。
屋根のてっぺんには松の木がそびえていて、手捻りの銅版が屋根瓦の代わりになっています。
建物の壁は、焼き杉と漆喰による白黒ストライプ模様になっています。
敷地内は3つの建屋に分かれていて、それぞれ「受付・休憩」、「家族風呂」、「大浴場」となります。
ラムネ館の看板に描かれている、気持ちよさそうに温泉に入浴しているキャラクターは、イラストレーター南伸坊さんによるものです。

外の庭には、祠の形をした飲泉所がありました。
手酌で一杯いただきました。
炭酸の効いたラムネの温泉が口に広がります。

まずは、受付にて入欲の作法についてのレクチャーを受けます。
要約すると「身体を洗わないこと」でした。
したがって、ここの大浴場にはボディソープやシャンプーはありません。

浴室は、内湯と露天とサウナ。
源泉は、「にごり湯」と「ラムネ湯」の2つです。
内湯は42度の「にごり湯」。
露天風呂は32度の「ラムネ温泉」で源泉風呂なので温度がやや低め。
「世界屈指の炭酸泉」の看板と説明文もあります。
露天と内湯で異なる温泉に入って寒暖入浴を行いました。
訪問時、サウナはアジア系外国人のグループが大声で歓談されていたので、利用は遠慮して内湯と露天の往復しながら長湯温泉を堪能させていただきました。

ラムネ温泉(露天風呂)
泉質:含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉
泉温:32度、遊離炭酸
効能:高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、冷え性、疲労回復

にごり湯(内湯)
泉質:マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉
泉温:42度
泉質:きりきず、やけど、関節痛、神経痛、運動麻痺、健康増

住所:大分県竹田市直入町長湯7676-2
料金:大人500円、3歳~小学生200円、3歳未満無料
家族風呂2,000円
営業時間:10:00~22:00(最終受付21:3)
定休日:毎月第1水曜日(1月・5月は第2水曜日定休)

HP:ラムネ温泉館

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください

スポンサーリンク
おすすめの記事