大深温泉
スポンサーリンク

水を止めるな!

「大深温泉」(おおぶかおんせん)は、八幡平アスピーテラインから細い道を入った先にある湯治宿で、昭和31年(1956年) に営業が開始されました。
もっとも、宿というよりも2棟のオンドル小屋があるだけで、その設備は湯治宿にもなっていません。
営業期間は、5月上旬から10月中旬までの約半年だけです。

駐車場に車を停めて管理小屋に行って入浴料を支払い、そこから少し離れた場所にある温泉棟に向います。
脱衣所はまるで共同浴場のようです。

大深温泉

浴槽には少し青い硫黄泉が注がれています。
横のパイプからは加水用の水が注がれていて「水を止めるな」の注意書きがあります。
たしかにこの水を止めて、源泉だけの浴槽にしてしまうと熱くて入れそうもありません。
木造の床を温泉が濡らしています。
八幡平の中では、比較的に歴史の新しい温泉ですが温泉ファンを魅了していることに納得できるいい湯でした。

大深温泉温泉小屋の裏手にある2棟のオンドル小屋には、お一人だけ滞在者がいらっしゃました。

ホームページのない秘湯のオンドル温泉でした。

温泉基本情報

源泉名:大深温泉
泉質:単純泉、硫黄泉(単純硫黄温泉)
泉温:81.8
PH:5.7

料金・アクセス情報など

住所:秋田県仙北市田沢湖玉川大深沢
電話:0186-31-2551
料金:500円/オンドル小屋休憩2時間750円
営業時間:7:00-18:00
※冬季閉鎖

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事