るり渓高原温泉
スポンサーリンク

京都るり渓温泉 For REST RESORT

2000年(平成12年)5月11日に環境省公示により国民保養温泉地に指定された、京都府南丹市の「るり渓温泉」を日帰り入浴で訪問しました。
宿泊施設も充実していて、洋風と和風の部屋から選べる「るり渓温泉 本館」と、貸切風呂がある純和風の「こぶし荘 花あかり」があります。
また日帰りで、バーベキューなどを楽しむことも出来ます。
国民保養温泉地とは、温泉だけではなく自然環境・まちなみ・歴史・風土・文化など地域づくりにつながる観点からも保養地として適正かどうかを基準にして環境庁が指定する温泉地です。
京都では、ここ「るり渓高原温泉」の他に「久美の浜温泉郷」が指定されています。

建物中央の玄関を入り、右手の日帰り温泉の入口には相撲取りの鶴竜と国会議員だった野中広務さんの弟の園部町長の野中一二三さんの写真や化粧回しが飾ってありました。
フロントで入浴料700円とレンタル水着代150円の計850円と支払い、下駄箱の鍵と引き換えに脱衣所のロッカーキーを受け取ります。

るり渓高原温泉

この温泉には、源泉が2つあります。
残念ながら、浴室とバーディーゾーンは撮影禁止。
まずは、男性の浴室へ。
内湯とサウナがあり、内湯の浴槽は源泉毎に分かれています。
バーディーゾーンへは、水着を着て行きます。
こちらは、内湯とサウナの他に露天風呂もあり、混浴になっています。
プールもあって、家族で楽しめる温泉施設でした。

今回私は、”お気軽入浴プラン”で利用をしましたが”全館利用プラン”の場合は館内着やタオル・バスタオル付きで岩盤浴も利用が出来て、一日のんびりと過ごすことが出来ます。

温泉基本情報

源泉名:奥るり渓温泉
泉質:単純弱放射能令鉱泉(低張性中性令鉱泉)
泉温:14.2度
湧出量:114L/分

源泉名:るり渓高原温泉
泉質:単純放射能令鉱泉(低張性アルカリ性令鉱泉)
泉温:23.0度
PH:7.86
湧出量:169L/分

料金・アクセス情報など

料金:
<お気軽入浴プラン>
平 日:大人(中学生以上)700円、小人(4歳?小学生)350円、シニア(65歳以上)500円
土日祝:大人(中学生以上)800円、小人(4歳?小学生)400円、シニア(65歳以上)600円
・大浴場+水着着用エリア(バーデゾーン・露天風呂・温泉プール)をご利用いただけます。
・シニア料金をご利用の方は、年齢が分かる身分証明書をご提示ください。
・レンタルのバスタオル・ハンドタオルをご用意しております。(別途料金:150円)
・水着のレンタル(別途料金:150円)は、数やサイズ等に限りがございます。予めご了承ください。
・ロッカーの鍵をご返却されますと、再度ご入場いただけません。
<全館利用プラン>
平 日:大人(中学生以上)1,500円、小人(4歳?小学生)1,000円
土日祝:大人(中学生以上)1,800円、小人(4歳?小学生)1,300円
シニア(65歳以上) ? ?
・館内着で行き来していただけるのは、本館内(浴場・レストランゆすら庵・おみやげショップ)のみです。
屋外のバーベキュー、カフェガーデンズ、るり渓谷、GRAX(キャンプ場)等への移動はできません。
また一旦屋外へ出られた場合、再入場はできませんのであわせて、ご了承のほどお願いいたします。
・シニア料金の設定はございません。

営業時間(日帰り):入浴:7:00~24:00、プール:10:00~19:00(土日祝は20:00まで)
電話:0771-65-5001
住所:京都府南丹市園部町大河内広谷1-14

HP: るり渓温泉

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事