音戸温泉
スポンサーリンク

呑む前に温泉

広島の飲み屋街”ながれ川”近くにある温泉銭湯「音戸温泉」は、先代が自宅の庭で昭和47年(1972年)から温泉の掘削を始めて12年かけて掘り当てました。
「音戸温泉」という名前からか、”しおぶろ「音戸温泉」に行こう”いうテーマソングまで存在します。

入口のある2階の券売機で入浴券を購入して、フロントで渡します。
浴室中央には薬湯の浴槽があって、階段上のサウナは別料金になっています。
温泉の浴槽は2つあって、その他に水風呂もありました。

透明で特に温泉らしさや塩化物泉のショッパさも感じられませんでした。

温泉基本情報

源泉名:音戸温泉
泉質:ナトリウム塩化物泉
泉温:21.7度
PH:7.4
湧出量:20L/分

料金・アクセス情報など

住所:広島市中区田中町6-3
電話:082-244-4126
料金:大人(12才以上)450円、中人(6才~12才未満)200円、小人(6才未満)100円
※広島県の公衆浴場料金
営業時間:13:00-25:00
定休日:第二、第四日曜日

HP:音戸温泉
http://www.ondo-onsen.co.jp/index.html

 

浴室の写真はHPより掲載
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事