おすすめの記事
福島屋旅館
スポンサーリンク

昭和の雰囲気

熱海温泉で共同湯を提供する旅館「福島屋旅館」に宿泊しました。
熱海には新しく綺麗な大型ホテルが多いですが、ホームページもない昔ながらの温泉湯治の面影を残す古い旅館が数は少ないですが今も残っています。
福島屋の建物の通りに面した表側のみモルタルにしておりますが、内部は昭和の面影を残す木造造りになっていました。
ここは、前文のとおり地元の人に共同湯として利用されていて、全国の共同浴場や銭湯巡りのファンも多く訪れる旅館です。

旅館の西側の横には熱海七湯のひとつ”風呂の湯”と”水の湯”の泉源があります。
昔、この場所は坂町高砂屋の庭でそこから沸いていたそうです。
”風呂の湯”は外傷に良いといわれ、温泉の湯気の蒸気も盛んだったので饅頭を蒸したり酒を温めて売っていたそうです。
隣にある”水の湯”は塩分のない温泉で、明治11年の熱海史誌に「淡白無味上常水を温めるもののごとし、ゆえに”水の湯”と名付く」と記されています。
今では、かつての熱気のある温泉ではなく、チョロチョロと流れる程度になっています。
福島屋旅館

今回は夜は熱海の街で湯めぐりがてらに一杯やる予定で朝食付きでの利用としました。
部屋は完全に時間が止まっている和室。
洗面所、トイレ、冷蔵庫などは共同で湯治宿の雰囲気がしていました。
お盆に乗った朝食は、部屋まで運んでくれます。

浴室は一階にあります。
裸電球の灯る脱衣場にある籠がしっくりとマッチしています。
床の木板がガタガタなのも時代を感じさせてくれました。
福島屋旅館

浴槽は、大きな主浴槽と使われていない浴槽があります。
無色透明な温泉は少し塩味がします。
熱いので、隅にあるホースで適温にうめます。
翌朝は、宿のご主人に温泉を浴槽の30センチ程度に張った状態にしていただいたところで朝風呂となりました。
熱い温泉が自然に冷まされて適温でした。

温泉基本情報

泉温:65.2度
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
濾過装置:無
循環装置:無

料金・アクセス情報など

住所:静岡県熱海市銀座町14-24

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 第2波には用心ですね。温泉活動自粛継続中。

スポンサーリンク
おすすめの記事