【戦国武将を癒した温泉】名湯・隠し湯で歴史ロマンにつかる
スポンサーリンク

古い温泉地では、武将たちが使った、その癒しの空間を、贅沢にも生身で共有できる。
そこで過ごすひとときは、きわめて貴重で得難い体験だ。
(本文より)

目次

戦国武将
・伊達政宗×青根温泉(宮城県川崎町)
・伊達政宗×小野川温泉(山形県米沢市)
・伊達政宗×秋保温泉(宮城県仙台市)
・最上義光×蔵王温泉(山形県山形市)
・上杉謙信×野沢温泉(長野県野沢温泉村)
幕末志士
・土方歳三×会津東山温泉(福島県会津若松市)
・勝海舟×霧積温泉(群馬県安中市)
・山岡鉄舟×奥塩原新湯温泉(栃木県那須塩原市)
・坂本龍馬×日当山温泉(鹿児島県霧島市)
・坂本龍馬×塩浸温泉(鹿児島県霧島市)
(他)

出版情報

出版社名:株式会社 天夢人
著者名:上永 哲矢
発行年月日:2021年11月24日

著者プロフィール

上永 哲矢(うえなが てつや)
1972年、神奈川県生まれ。
歴史紀行作家・随筆家。日本の歴史および、三国志をはじめとする中国史の歴史紀行などを各種雑誌や旅情報誌、Webメディアに多数寄稿、連載する。
日本全国の史跡や城を取材で訪ね、温泉地にも欠かさず立ち寄ることから温泉への造詣が深い。
中国大陸や台湾など現地の史跡取材も精力的に行っている。

感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事