【温泉百名山】ゆっくりでも登っていれば、きっと山頂に立てる
スポンサーリンク

下山後に温泉で癒される

著者は温泉取材歴40年のベテランだが、2016年、白山に登ったのをきっかけに、元来の山好きに火がつき、「日本百名山」を意識する。
翌年、完登したものの、意外にも温泉がないことに気づき、温泉のある名山を自らが100座選定することを決意。
深田久弥の『日本百名山』に倣い、「品格」「歴史」「個性」をもった名湯のある名山を100座選定。
18年より実際に選定登山に取り組み、21年に完登。温泉達人による「温泉百名山」が誕生した。
なお、名山と名湯をセットで紹介するガイドの体裁だが、すべてを一人で取材した著者の体験レポートとしても楽しめる。
また選定登山に取り組む間、悪性リンパ腫や膝関節症などと闘い、病を克服しての実現となった。
「前進すれば、きっと山頂立てる」という奮起を促す一冊。

都道府県別に分類し、基本的に北から南の順に記述。
1コース2ページ。
山の概要と登山レポート、温泉の紹介に、美しい山と温泉の写真を添える。
著者の主観的な体験レポートにポイントを置き、一般的なガイドブックとは一線を画す内容。
隠れた名山や名湯も含む。
さらに参考データとして、登山口からの往復コースタイム(休憩含まず)、基点となる温泉までのアクセス、温泉から登山口までのアクセス(公共交通&車)、コースの難易度(初級★、中級★★、上級★★★)なども記載する。

出版情報

出版社名:集英社インターナショナル
著者名:飯出敏夫(著)
発行年月日:2022年10月31日

著者プロフィール

飯出敏夫(いいで としお)
1947年、群馬県生まれの温泉紀行ライター。
温泉取材暦40年(温泉専門で30年)、年間100日以上取材、訪ねた温泉は3000湯以上。
著書に『一度は泊まってみたい秘湯の宿70』『名湯・秘湯の山旅』『達人の秘湯宿』ほか多数。
テレビ朝日の長寿番組「秘湯ロマン」の監修&出演などテレビ出演も多数。
日本温泉地域学会会員、日本旅のペンクラブ理事、温泉達人会代表。

温泉百名山 [ 飯出 敏夫 ]

価格:2,420円
(2022/11/19 18:54時点)
感想(0件)

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。
感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

スポンサーリンク
おすすめの記事