おすすめの記事
こはく湯の宿 中鉢
スポンサーリンク

鳴子温泉郷のひとつ川渡温泉(かわたびおんせん)にある「こはく湯の宿 中鉢」(ちゅうばち)に宿泊しました。
幹線道路の国道47号線沿いに非常に目を引く看板があります。
宿の隣に源泉があり、宿の横にある溝には溢れた温泉が流れています。
自家源泉は、自噴しているとのことです。

この宿の温泉は、内湯の主浴槽と露天風呂の2つ。
内湯の浴室は湯小屋造りで天井は丸太のはりで、湯煙が抜けていきます。
露天風呂には残雪があり、ちょっとした雪見風呂。
どちらの浴槽も源泉かけ流しで、宿の名の通り琥珀色の温泉でした。

宿の宿泊は、素泊まり・朝食付・二食付から宿泊プランを選べるのですが、二食付きでも8000円と格安でした。
料理は、肉も天婦羅も揚げ物もあって内容もボリュームも十分で納得でした。

素泊まりでも、朝食のみでも利用できて料金もリーズナブルなのでおすすめの宿です。

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉
泉温:50.3度
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき
慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
PH:7.2

住所:宮城県大崎市鳴子温泉要害38-5

HP:こはく湯の宿 中鉢

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 第2波には用心ですね。温泉活動自粛継続中。

スポンサーリンク
おすすめの記事