【宝塚温泉 壽楼泉源】今でも吹き出す冷たい鉱泉の間欠泉
スポンサーリンク

「壽楼泉源」は、宝塚の隣の生瀬(なまぜ)村出身の山本宇兵衛が経営していた旅館「壽楼」にあった源泉です。
「寿楼」は、現在は「ラ・ビスタ宝塚」というマンションになっています。
そのマンションに今でも温泉は残っています。

この「壽楼泉源」は、珍しい間欠泉で数時間に1度温泉を横のパイプから噴き出しています。

武庫川に垂れ流されるその温泉は鉄分を多く含んでいて、茶色に染めていました。

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事