越谷天然温泉 美人の湯 ゆの華
スポンサーリンク

黒湯の温泉

JR武蔵野線”南越谷駅”から30分ほど歩いて「越谷天然温泉 美人の湯 ゆの華」を訪問しました。
”南越谷駅”に隣接する東武線の駅名は”新越谷駅”で、同じ駅名にしないあたりがライバル心の現れでしょうか。
無料の送迎バスもありますがこちらは電話での事前予約制になっています。
入り口には源泉が流れ出ていて、手で確かめるとちょうどいい温度でした。
かなりの量の温泉を垂れ流しにするくらいなら足湯でも作ってもらえたら嬉しいです。

券売機で入浴券を買ってフロントで渡すと、スタンプカードを貰いました。
また、こちらで帰りの送迎バスの予約も済ませます。

浴室は1階と2階にあって男女が日替わりになっています。
訪問時は、1階の「やませの道」です。
ちなみに、2階の浴室は「花街道」と呼ばれていて、「やませの道」よりも浴室は少し広めのスペースです。

内湯の主浴槽は白湯で、さまざまなジェットバスが浴槽内に区切られならが配置されていて「マッサージ浴槽」と呼ばれていました。
そのほかに、タワーサウナとソルティサウナに水風呂もあります。

温泉は露天エリアにあり、2,3人が入れる源泉風呂で、壁に身体をもたれて黒湯の温泉を堪能させていただきました。

温泉基本情報

源泉名:越谷天然温泉 美人の湯
泉質:ナトリウム塩化物・炭素水素塩温泉・塩泉・重曹泉
泉温:39.8度
PH:8.0
湧出量:300L/分

料金・アクセス情報など

住所:埼玉県越谷市大間野町3-61-1
電話:048-985-4126
料金:大人750円(中学生以上)、小人320円(4才以上)
営業時間:10:00-26:00(土曜日のみ28:00まで)
定休日:年中無休

HP:越谷天然温泉 美人の湯 ゆの華
http://www.yunohana.co.jp/koshigaya.html

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事