山鹿温泉 清流荘
スポンサーリンク

充実のアメニティ

「山鹿温泉 清流荘」 は明治41年(1908年)の創業で、水鏡庵と鹿門亭の2棟の建屋があります。
入口は鹿門亭にあり、温泉がチョロチョロと流れていて「1908年オープン」と書かれた木の看板がありました。
フロントで日帰り入浴希望を伝えると、まずは検温がありその後名前と連絡先の記帳を求められました。
その後入浴料を支払うと、まだお風呂の準備が出来てないとのことで10分ほどロビーに滞在後してから、1階の大浴場に案内されました。

大浴場の入口には、ドリンクコーナーがありますが訪問時の昼間は閉まっていました。
どうやら宿泊者向けのサービスのようです。
脱衣所のアメニティはとても充実していて、カミソリや歯ブラシも置いていました。
山鹿温泉 清流荘

内湯には、主浴槽がひとつあるだけです。
泉温が低いので多分加温はされているのでしょうが、浴槽から温泉はオーバーフローしてかけ流しになっています。

山鹿温泉 清流荘外には、屋根の付いた露天風呂があり、その庭には

ここは、「麦と兵隊」の作家 火野葦平先生が
自らの金婚を記念し山鹿の宿を訪ね
地酒 千代の園を酌み交わされた
お部屋の場所です

と書かれた木製の記念碑が建っていました。

この露天風呂よりも内湯のほうがゆっくりすることが出来たので、ひとりで内湯でのんびりとさせていただきました。

温泉基本情報

源泉名:山鹿温泉(鹿門亭)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
泉質:33.4度
PH:8.7

料金・アクセス情報など

住所:熊本県山鹿市山鹿1768
電話:0968-43-2101
料金(日帰り入浴):400円
営業時間(日帰り入浴):11:30-14:30

HP:山鹿温泉 清流荘
http://www.rokumon.com/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事