古絵葉書 別府 霊潮泉
スポンサーリンク

「霊潮泉」(れいびょうせん)は、別府の流川通り入口附近に明治26年(1893年)に開湯した温泉で、「新湯」とも「浜の砂湯」とも呼ばれていました。
古絵葉書 別府 霊潮泉大正6年(1917年)に建物を純日本式木造瓦葺き平家建に改装し、砂湯が8ヶ所、蒸し湯と揚りがそれぞれ2か所、男女別の浴室にすることによって、入湯者が急速に増大した。
入浴料は無料で浴場入口上には「霊潮泉」と書かれた日置黙仙禅師の扁額が掛けられていた。
戦後になってからは、利用客が激減し閉鎖され、昭和30年(1955年)に大分県物産観光館に建て替えられた。

古絵葉書 別府 霊潮泉感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事