古絵葉書 別府 不老泉
スポンサーリンク

「不老泉」は、別府駅から徒歩5分程度にある市営の共同浴場で、むかし皇太子時代の昭和天皇が訪れたこともある別府市を代表する温泉で、別府八湯のひとつでもあります。

「速見郡村誌」(1875年)にも記述のある古い温泉で、明治21年(1888年)には共同浴場となっていました。
明治35年(1902年)には3階建て(1、2階各90坪、3階75坪)の建物になり、男女それぞれ特等・上等・並等の3種の浴槽と、飲湯・髪洗湯・手拭洗湯・温度調和所・湯滝・休憩所・売店などがある大規模な温泉施設となりました。
さらに、大正8年(1919年)から大正10年(1921年)3月にかけて改築を行って、浴槽を男女それぞれ上等湯・並湯の2種として、他に家族風呂・電気治療温泉を設け、2階には休憩室、3階には展望台がありました。

昭和32年(1957年)にも改築が行われ、1階に温泉浴室、2階に地区公民館、3階に集会室が設けられました。

そして、平成25年(2013年)9月に老朽化により取り壊され、平成26年(2014年)8月8日に現在の建物としてリニューアルオープンしました。
今は、2階建てで、1階が浴室、2階が集会室となっています。
男女それぞれの浴槽にはあつ湯(44度)とぬる湯(41度)の2つに分かれています。

料金・アクセス情報など

住所:大分県別府市中央町7番16号
電話:0977-21-0253
入浴料:大人250円、小人100円
営業時間:6:30‐22:30
※14:00‐15:00までの1時間は清掃時間のため、入館・入浴はできません。
定休日:第1月曜日
※祝日のときは変更の場合あり

HP:別府市営 不老泉
https://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail5.html

感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事