おすすめ
東鳴子温泉 いさぜん旅館

鳴子温泉郷で阪神タイガースファンの宿と言えばは1941年(昭和16年)開業の東鳴子温泉のここ「いさぜん旅館」。
甲子園球場のある西宮市在住の私としては、これは訪問するしかありません。
宿の入口にある松は「いさぜん長寿の松」と呼ばれています。
玄関のロビーで既に阪神タイガースの暖簾がお出迎え。

暖簾の向こうには、この宿の自家源泉で混浴の「鉄鉱泉」と「炭酸泉」の脱衣所。
この雑然とした脱衣所を男女共同で使うのは、女性には抵抗があるかもしれません。
どうやら、先客は2名。
まあ、この手の混浴で女性が入っていたためしはないので、期待をせずに浴室の扉を開きます。
「鉄鉱泉」と「炭酸泉」の入口は別々ですが、浴室は一緒になっています。

東鳴子温泉 いさぜん旅館

「鉄鉱泉」の扉を開けると浴室になっていて、階段下には「鉄鉱泉」の浴槽がります。
敷居の壁の向こうは「炭酸泉」の浴槽。
そちらに先客に2名の男性がご入浴。
かなりの長期戦での入浴をされているので、写真は断念。
ぬる湯なので、ゆっくりと浸かっていらっしゃいます。

一旦服を着て、今度は中浴場と露天風呂へ向かいます。
廊下には、現役時代の金本のペナントが掲げられています。
その他に、メガホンとかいろいろな阪神グッズが飾られていました。

そして、中浴場の浴室入口には六甲颪の暖簾。
テンションがあがりますね。
脱衣所の洗面台には、阪神タイガースグッズのオンパレード。
ティシュケースからゴミ箱まで徹底されております。

東鳴子温泉 いさぜん旅館

内湯の浴室にあるカランの椅子も桶もすべてトラ。
まさにタイガースファンには至福の入浴タイム。

東鳴子温泉 いさぜん旅館扉の向こうは露天風呂。
こちらは、阪神タイガース色は感じません。
唯一かわいい2匹のトラの置物のみ。
内湯も露天風呂も混合泉ながらかけ流しでした。

混浴風呂の「鉄鉱泉」と「炭酸泉」は浴室の雰囲気はレトロながらいい感じです。
ただ、阪神タイガース以外の球団を熱烈に愛する方には少し不満になる宿かもしれません。
もちろん、私は大満足でした。

<炭酸泉>
源泉名:いさぜんの湯1号・いさぜんの湯2号(混合泉)
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉
泉温:42.9度
PH:7.0

<鉄鉱泉>
源泉名:いさぜんの湯3号・新井第2号・新井第5号・動力揚湯源泉・唐竹沢源泉(混合泉)
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩温泉
泉温:45.1度
PH:7.2

大浴場、中浴場、露天風呂
源泉名:新井第2号・新井第5号・唐竹沢源泉(混合泉)
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
泉温:45.1度
PH:7.4

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11
料金:500円
※鳴子湯めぐりチケット2枚
営業時間:10:00-20:00

HP:東鳴子温泉 いさぜん旅館

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
訪問日:2019年10月

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事