おすすめの記事
丹後温泉 はしうど荘
スポンサーリンク

露天風呂から立石の眺望

超高級なカニで有名な京都府の日本海に面した間人(たいざ)にある「はしうど荘」に日帰り入浴で訪問しました。
間人を「たいざ」と読める人は少ないと思いますが、この読み方には理由があるそうです。
一説によると、聖徳太子のお母さんである間人皇后(はしうどこうごう)がある時この地に身を寄せていて、立ち去る時に自分の名を地名として贈ったそうです。
しかし、村人は「はしうど」と呼び捨てにすること遠慮して、皇后がこの地で退座(たいざ)したことにちなんで間人を「たいざ」と読み替えたとのことです。
したがってこの地域は、聖徳太子の母である間人皇后ゆかりの地なので、ここ「はしうど荘」の名もそこからきているのでしょう。

建物の玄関を入るとすぐに受け付けになっていて、宿泊と日帰り入浴の利用で入り口が分かれます。
日帰り利用の私は入浴料500円を支払い、下駄箱に靴を入れて館内に入ります。
ホームページでは、宿泊施設のイメージが強いのですが、行ってみると日帰り入浴の利用にも力を入れているのが良く判ります。

脱衣場は棚板だけのシンプルな造りです。
アメニティも乏しくて、宿泊施設の温泉ではなく共同浴場に近いイメージです。
ちなみに貴重品は、入り口の下駄箱横にある100円コイン返却式の貴重品入れを利用しました。
丹後温泉 はしうど荘浴室には、温泉の主浴槽とサウナ・水風呂があります。
丹後温泉 はしうど荘

露天風呂の目隠しは低いので、立ち上がってみると日本海と高さが20メートルもある一枚岩「立石」が眺望できました。

温泉基本情報

源泉名:丹後温泉
泉質:カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
効能:神経痛・動脈硬化・冷え性
知覚的な特徴:無色透明
溶存物質:3.1554g/kg
湧出量:114L/分
pH値:8.08
源泉温度:40.9度
飲用:不可

料金・アクセス情報など

住所:京都府京丹後市丹後町間人632-1
料金:大人500円、小人(3歳以上~小学生まで)200円、2歳以下無料
営業時間:平日16:00-22:00 土日祝日11:00-22:00(ただし受付は21:30まで)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
※8月は無休

HP:丹後温泉 はしうど荘
https://www.hashiudosou.com/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 第2波には用心ですね。温泉活動自粛継続中。

スポンサーリンク
おすすめの記事