おすすめ
乳頭温泉郷 孫六温泉

乳頭温泉郷の一番奥にある「孫六温泉」(まごろくおんせん)は、1902年(明治35年)に発見された温泉で「山の薬湯」とも呼ばれています。
1906年に湯治場として開湯されました。
目指す「孫六温泉」は、「黒湯温泉」近くの駐車場に車を停めて徒歩で橋の川向こうに渡ります。
「蟹場温泉」の方からも訪れることが出来るようです。
乳頭温泉郷の中で、ここはまだまだ秘湯感を十分に残している温泉宿です。
少し前までは、電気も通っていなくて自家発電で営業をしていたらしい。
まずは、フロントのおじさんに湯めぐり帖にスタンプを押してもらいます。
湯めぐり帖がなければ入浴料を支払います)

乳頭温泉郷 孫六温泉温泉棟が2つあり、それぞれ異なる源泉です。
この宿には全部で4つの源泉があるそうです。
手前の建物は、「唐子の湯」で男女別々の浴室。
奥は、脱衣場は男女別で浴室は混浴の「石の湯」です。
つまり、表の入り口が男女別々の「石の湯」が混浴で、入り口ひとつの「唐子の湯」が男女別々の浴室というトリッキーな造りなんです。

乳頭温泉郷 孫六温泉

「石の湯」の内湯は階段の下。
混浴の温泉ですが、脱衣所は男女別々になっています。
その名の通り浴室には大きな岩があります。
階段下のあたりからチョロチョロと温泉が流れています。
浴槽上のこの階段を下りなくてはいけないので女性には少しハードルが高い造りですね。
青みがかったお湯は、天候によってその色を変えるらしいです。
湯量が少ないから少しぬるめ。
泉温も天候によってかわるのかな?

内湯の引き戸のむこうには2つの露天風呂。
当然、こちらも混浴となります。
どちらも、自然と目隠しが施されていて、川沿いの露天風呂でも川を眺めての入浴とはなりません。
内湯と比べて少し熱めの温泉でした。

乳頭温泉郷 孫六温泉「唐子の湯」は内湯のみ。
浴槽は木造りになっています。
こちらは男女別々の浴室になっていますが、浴槽は間仕切りをはんさんでひとつ。
しかもかなり熱い。
肝心の湯口は見当たりませんので、こっちも足元自噴なのでしょうか。

私としては「石の湯」の内湯が良かったので。もう一度入浴させていただきました。
「石の湯」も「唐子の湯」もカランもないので、宿泊者用にまだ別の浴室があるのかもしれません。

源泉名:唐子の湯
泉質:単純温泉
泉温:49.9度
PH:7.4

源泉名:石の湯
泉質:単純温泉
泉温:46.0度
PH:7.1

住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
電話:0187-46-2224
料金:520円
営業時間:9:00-16:00(立ち寄り湯の時間)
※湯めぐり帖を利用

HP:孫六温泉

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事