東鳴子温泉 高友旅館

昭和レトロな雰囲気のある自炊も出来る温泉宿「高友旅館」を日帰り入浴で訪問。
東鳴子温泉のある鳴子温泉郷には、自炊の出来る宿が今でも数多くあります。
この宿は、鳴子御殿場駅からすぐの温泉地なので電車で来るにも便利です。
ここ「高友旅館」は、温泉マニアのあいだでもその湯力とひなびた感じで有名な宿でやっと今回訪問することが出来ました。
玄関左手のフロントで日帰り入浴の旨を伝えて、東鳴子温泉の湯めぐりシール2枚を台紙から剥がしてもらいます。
現金での利用の場合は500円だそうです。

初めての訪問と伝えると、宿のご主人が親切にこの宿の温泉について説明をしてくれました。
源泉は4つで、浴槽によって使われている源泉が異なります。
混浴の大浴場は、有名な「黒湯」と「プール風呂」の浴槽があります。
その他に、混浴の大浴場とは違った場所にある男女の浴室は、「ひょうたん風呂」が男性用で「ラムネ風呂」が女性用だそうです。
宿泊者専用の貸切風呂もあるようですが、私は外来利用なので利用出来ませんでした。
「黒湯」と「ひょうたん湯」の浴室はそれぞれ離れた場所なので、まずは「黒湯」へ行ってみることにしました。
「黒湯」へ向かう廊下の途中には、ホワイトタイガーとタヌキの剥製が飾ってありました。

「黒湯」は手前の混浴の大浴場と正目に女性用の2つの浴室になります。
混浴は、脱衣所も男女同じなので女性にはかなりハードルが高いでしょうね。

「黒湯」と「プール風呂」の浴槽は同じ浴室にありますが、源泉はそれぞれ異なります。
硫黄泉の「黒湯」はこの宿の看板温泉だけあって入浴客も多くて写真撮影は断念。
「プール風呂」から「黒湯」への仕切りのあたりにはものすごい堆積物がこびりついていました。

「黒湯」をあがり、いったん服を着て宿の玄関まで戻り、次は「ひょたん風呂」へ向かいます。
東鳴子温泉 高友旅館

「ひょたん風呂」はその名の通り、浴槽がひょうたん型のカーブを描いています。
黒い色の温泉で泉温もちょうどよく、ひとりまったりとさせていただきました。

宿の雰囲気も、温泉もすばらしく多くのファンがいるのが納得です。
いつか、宿泊で訪れてみたいです。

黒湯
源泉名:幸の湯
泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)
泉温:57.8度
PH:6.7

プール風呂
源泉名:顕の湯
泉質:ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉
泉温:74.6度
PH:6.8

ひょうたん風呂
源泉名:玉の湯
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉
泉温:49.3度
PH:6.5

住所:宮城県大崎市鳴子温泉鷲ノ巣18
料金:500円
※鳴子湯めぐりチケット2枚
営業時間:10:00-16:00

HP:東鳴子温泉 高友旅館

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
訪問日:2019年10月

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事