古絵葉書 別府 柴石温泉
スポンサーリンク

柴石温泉(しばせきおんせん)は、895年に醍醐天皇と1044年に後冷泉天皇が病気療養のため湯治したと伝えられています。
周辺で江戸時代に「柴の化石」が見つかったことから、このあたりが「柴石」と呼ばれるようになりここで湧出すた温泉が「柴石温泉」と呼ばれるようになりました。
今でもその「柴の化石」は、温泉の受付の横に飾られています。

古絵葉書 別府 柴石温泉

古絵葉書 別府 柴石温泉

古絵葉書 別府 柴石温泉絵葉書の紫石川沿いの打たせ湯は現在は利用できませんが、近年まで使用をしていた施設が今でも残ています。

住所:大分県別府市野田4組
料金:大人220円、子供110円、家族湯1,650円(1時間4人まで)
営業時間:普通浴 7:00-20:00
家族湯 9:00-20:00(最終受付時間は19:00)
定休日:第2水曜日(祝祭日の翌日は休業)
休業日:年末大掃除日(不定)

HP:柴石温泉
https://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail13.html

 

感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事