桜島シーサードホテル
スポンサーリンク

土色のにごり湯

鹿児島県の桜島にある古里温泉(ふるさとおんせん)「桜島シーサードホテル」の露天風呂に入浴しました。
古里温泉の開湯は1755年で、溶岩の隙間から温泉が湧出していたといわれています。
昔は海岸に共同浴場があったそうですが、今は無くなり温泉はここ「桜島シーサードホテル」と「さくらじまホテル」の2軒の宿泊施設があるだけです。

フロントで入浴料を支払い階段を下ります。
途中にある男湯の大浴場をスルーして、さらに下って建物の外に出ます。

そこから長い階段をひたすら下り、ようやく目的の露天風呂が見えてきます。
海辺には。茶色く濁った土類系の古里温泉の露天風呂浴槽がひとつあるだけ。
その奥が男女の脱衣場になっています。
つまり、ここは混浴露天風呂です。

桜島シーサードホテル

土類系の温泉はもちろんかけ流し。
潮騒の音を聞きながらダイナミックな入浴ですが、あいにくの土砂降りの雨で景色はよくありません。
晴れていたら、さぞ素晴らしい錦江湾の景色が広がっていたのでしょう。
桜島シーサードホテル露天風呂の帰りに、男湯を覗いてみました。
どうやら、こちらにも露天がある模様でしたが、先客も数名いらしていたし波打ち際の露天風呂に入浴した後だったので、ここには入浴せずに退散させていただきました。

温泉基本情報

源泉名:古里15号
泉質:ナトリウム-塩化物泉(低調性中性高温泉)
効能:神経痛、冷え性、リウマチ、切り傷、皮膚病など
PH:6.1

料金・アクセス情報など

住所:鹿児島市古里町1078-63
電話:099-296-2020
料金:大人 500円、こども 300円、貸切湯別途500円
営業時間:11:30-20:00

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事