谷地温泉
スポンサーリンク

白濁のぬる湯

「谷地温泉」(やちおんせん)は、北海道のニセコ薬師温泉(北海道)、徳島県の祖谷温泉と並び日本三大秘湯のひとつと云われています。
開湯から400年の歴史がある一軒宿の温泉ですが、その立地の悪さからか何度も経営難になり、そのため経営者も数度変わっています。

山小屋風の建物は、宿泊の他に日帰りでの温泉利用やランチもとれる食堂もあるので、八甲田を散策するハイカーの利用も多いようです。

残念ながら浴室内の写真撮影は禁止になっていました。

ヒバで造られた浴室には、ぬる湯の「あがり湯」と少し熱い「下の湯」のふたつの源泉浴槽があります。
両方とも白濁の温泉で、その他に浴室から階段を下ると打たせ湯もありました。
ぬる湯の「あがり湯」は霊泉とも呼ばれていて、私はこちらで浴槽の底から湧き出てくる温泉をまったりと楽しませていただきました。

温泉基本情報

<あがり湯>
源泉名:谷地温泉1号泉
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)
温度:37.4度
PH:4.5

<下の湯>
源泉名:谷地温泉2号泉
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)
温度:39.5度
PH:5.2

料金・アクセス情報など

住所:青森県十和田市法量谷地1
電話:0176-74-1181 .
料金(外来湯):600円
営業時間(外来湯):10:00-17:00

HP:谷地温泉
https://www.yachionsen.com/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事