古遠部温泉
スポンサーリンク

圧巻の湯量

「古遠部温泉」(ふるとうべおんせん)は、黒鉱(くろこう)のボーリングをしたところ温泉が噴出し、昭和45年(1970年)3月に創業した一軒宿です。
総部屋数は8部屋で、素泊まり・湯治・旅館宿泊と宿泊プラン選べ、もちろん日帰りでの入浴も可能です。

施設建物横の浴室付近から単に土を掘り起こした溝に、使用済みの温泉が垂れ流しになっています。
この大らかさは都心の温泉施設では絶対ありえない光景です。

古遠部温泉内湯は主浴槽がひとつのみで、擦りガラスの向こう側は女湯という造りになっています。
湧出量毎分500Lともいわれるかけ流しの温泉はジャブジャブ状態で浴槽から溢れ出ています。
ここでは、浴槽には入浴せず溢れ出る温泉を、浴室の床に寝転んで楽しむ人が多く、その寝そべる姿がトドに似ていることから「トド寝」と言われています。

東北ではこのようなトド寝で温泉を楽しむ人は多いですが、その中でもこの古遠部温泉のトド寝は有名です。

温泉基本情報

源泉名:古遠部温泉
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
泉温:42.5度
PH:6.28

料金・アクセス情報など

住所:青森県平川市碇ヶ関西碇ヶ関山1-467
電話:0172-46-2533
営業時間(外来浴):8:30~20:00 (冬期間は9:00~19:00)
休館日:年中無休
料金 :大人350円

HP:古遠部温泉
http://www.furutoobe-onsen.com/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事