おすすめの記事
山代温泉 古総湯
スポンサーリンク

北陸 加賀温泉郷 山代温泉

加賀温泉郷のひとつ山代温泉は、行基が神亀2年(725年)に白山へ修行に向かう途中に、伝説の三本足の霊鳥「ヤタガラス」が羽の傷を癒している水たまりを見つけたことが開湯のはじまりと云われています。
また、温泉街の中心地にある薬王院温泉寺は、白山を祀る白山五院の筆頭寺院で、「あいうえお」の五十音の創始者とされる明覚上人が建立したとのことです。
そんな歴史のある山代温泉には、戦国武将明智光秀も永禄8年(1565年)5月に10日間にわたり戦いの傷を癒しに湯治したのをはじめ、全国から大勢の人がこの温泉を求めてやってきたそうです。
また、近年では、北大路魯山人や与謝野鉄幹もこの温泉地を好んでいたようです。

山代温泉の共同浴場(総湯)

山代温泉の中心「湯の曲輪」(ゆのがわ)に、2つの共同浴場があります。
北陸地方では温泉地にある共同浴場のことを指して「総湯」と呼んでいます。
したがって、北陸にある代表的な温泉地、山代温泉・山中温泉・片山津温泉・粟津温泉・白峰温泉・辰口温泉・湯涌温泉・和倉温泉などにはそれぞれに「総湯」があります。
その由来は、昔は”惣”とは農村なとの自治組織のことで、村民の湯として「惣湯=総湯」と呼ばれていたとの説があります。
山代温泉の「総湯」は「旧吉野屋旅館」の跡地に建てられたものと、その前に明治時代の共同浴場を再現した「古総湯」の2つがあります。
「古総湯」は入浴のみで、身体や頭などを洗うことはできません。
私は「総湯」と「古総湯」の両方に入浴させていただきました。

1古総湯

「古総湯」は山代温泉を訪れたなら、ぜひ入浴をしてほしい日帰り温泉施設です。
明治時代の総湯を内装も含め復元されていて、入浴のタイルも身体や髪の毛を洗ったりできない当時のままです。
浴室にはステンドグラスから光が差し込み、床は九谷焼のタイルになっています。
湯上がりには、二階で休憩すをることもできます。

■源泉名:山代温泉(新1号源泉)
■泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
■源泉温度:63.2度
■湧出量:550L/分
■PH:7.8

■料金:500円
■住所:加賀市山代温泉18の128番地
■営業時間:6:00~22:00
■定休日:第4水曜午前中

2総湯

「総湯」は「古総湯」の向かいにあり、この場所は魯山人ゆかりの旧吉野屋旅館の跡地で、今でも残る吉野屋旅館の門を入っていきます。
浴室は、内湯のみで大きな主浴槽が2つあります。
観光客だけではなく、地元の方も多く利用されていました。

■源泉名:山代温泉(新1号源泉)
■泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
■温度:63.2度
■湧出量:550L/分
■PH:7.8

■源泉名:山代3号温泉国立山中病院山代分院源泉
■泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
■温度:38.8度
■湧出量:43L/分(動力揚湯)
■PH:8.2

■料金:440円
■営業時間:6:00~22:00
■定休日:第4水曜午前中
■電話:0761-76-0144
■住所:石川県加賀市山代温泉万松園通2番地

山代温泉の足湯

1源泉足湯

源泉公園に足湯があります。
開湯伝承ゆかりのヤタガラス像の下から源泉が流れており、飲泉もすることができます。

料金:無料
営業時間:8:00~22:00
住所:石川県加賀市山代温泉18-121

日帰り入浴が可能な宿泊施設

山代温泉には多くの温泉旅館があり、日帰りで入浴のみの利用ができるところも何軒もあります。
私も、いくつかの宿の温泉を外湯で楽しませていただきました。

1たちばな四季亭

脱衣所には、タオルだけではなくバスタオルから歯ブラシまで完備されていました。
また、冷たいお水だけではなくお茶のサービースまであり至れりつくせりです。
露天風呂には木と石造りの2つの浴槽あり、ゆっくりと入浴することが出来ました。

■料金:大人1,500円、子供750円
■受付時間:13:00~16:00
■住所:石川県加賀市山代温泉万松園通16
■電話:0761-77-0001
■サイト:https://www.shikitei.com/

2湯快リゾート彩朝楽

低料金で泊まれる大規模ホテルチェーン湯快リゾートですが、日帰り入浴の利用も可能です。
私は、宿泊してこちらの大きな浴槽の温泉を満喫させていただきました。

■料金:大人500円
■受付時間:9:00~23:00
■住所:石川県加賀市山代温泉桔梗ヶ丘2-10-3
■サイト:https://yukai-r.jp/saichoraku/

3彩華の宿多々見

フロントで日帰り入浴料を支払うタオルとバスタオルを貰いました。
大浴場にはビーナスの壁画があります。
シャンプーのバイキングが印象的でした。

■料金:大人800円、子供500円
■受付時間:15:00~21:00
■住所:石川県加賀市山代温泉桔梗丘3丁目41番地
■電話:0761-77-2200
■サイト:http://www.saika-tatami.co.jp/

4その他

1.大江戸温泉物語 山下家
■料金:大人500円、子供300円
■受付時間:15:00~22:30
■住所:石川県加賀市山代温泉18-124
■電話:0761-77-2222
■サイト:https://yamashitaya.ooedoonsen.jp/

2.吉田屋山王閣
■料金:大人1,500円、子供750円
■受付時間:14:00~17:00
■住所:石川県加賀市山代温泉13-1
■電話:0761-77-1001
■サイト:https://www.sannoukaku.com/

3.森の栖リゾート&スパ
■料金:大人1,500円、子供1,000円
■受付時間:14:00~17:00
■住所:石川県加賀市山代温泉14-27
■電話:0761-77-0150
■サイト:https://morinosumika.jp/

4.雄山閣
■料金:大人1,000円、子供500円
■受付時間:14:00~19:00
■住所:石川県加賀市山代温泉東山町16-1
■電話:0761-77-1400
■サイト:https://breezbay-group.com/yuzankaku/

5.みどりの宿萬松閣
■料金:大人1,500円、子供800円
■受付時間:15:00~18:00
■住所:石川県加賀市山代温泉東山町3番地
■電話:0761-77-1515
■サイト:http://www.bansyoukaku.co.jp/

6.葉渡莉
■料金:大人1,500円、子供750円
■受付時間:11:00~15:00
■住所:石川県加賀市山代温泉通り17
■電話:0761-77-8200
■サイト:http://hatori.jp/

7.ゆのくに天祥
■料金:大人1,000円、子供500円
■受付時間:11:00~15:00
■住所:石川県加賀市山代温泉19-49-1
■電話:0761-77-1234
■サイト:https://tensyo.yunokuni.jp/

8.瑠璃光
■料金:大人1,500円、子供750円
■受付時間:11:00~15:00
■住所:石川県加賀市山代温泉19-58-1
■電話:0761-77-2323
■サイト:http://rurikoh.jp/

9.加賀の宿 宝生亭
■料金:大人1,000円、子供500円
■受付時間:15:00~20:00
■住所:石川県加賀市山代温泉桔梗丘1-80-1
■電話:0761-77-1143
■サイト:http://www.housyoutei.com/

10.ホテルききょう
■料金:大人800円、子供600円
■受付時間:18:00~21:00
■住所:石川県加賀市山代温泉16-162-5
■電話:0761-76-1130
■サイト:http://www.e-kikyou.com/

11.温泉めい想倶楽部 富士屋旅館
■料金:大人1,000円、子供700円
■受付時間:15:00~20:00
■住所:石川県加賀市山代温泉桔梗丘2-121-3
■電話:0761-77-1122
■サイト:https://www.meisouclub.co.jp/

12.白山菖蒲亭
■料金:大人1,200円、子供600円
■受付時間:15:00~18:00
■住所:石川県加賀市山代温泉桔梗丘4-34-1
■電話:0761-77-0335
■サイト:https://www.shoubutei.co.jp/

13.リブマックスリゾート加賀山代
■料金:大人700円、子供300円
■受付時間:5:00~11:00(最終受付10:00)、13:00~22:00(最終受付21:00)
■住所:石川県加賀市山代温泉温泉通32-1
■電話:0761-77-3060
■サイト:https://www.livemax-resort.com/ishikawa/kagayamashiro/

最後に

北陸を代表する歴史のある山代温泉は、「古総湯」を中心にした温泉街です。
温泉以外にも、温泉たまごを使った温泉プリンやソフトクリームなどのスイーツも人気なので、湯上りにぜひ召し上ってみてください。

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事