湯川内温泉 かじか荘
スポンサーリンク

鹿児島の極上温泉

足元自噴の温泉として有名な鹿児島県の湯治宿「湯川内温泉 かじか荘」に日帰り温泉で入浴をしました。
この温泉は、宝歴4年(1754年)に発見され、島津家御用達の温泉として長い間利用され、明治に入って一般に開放されました。
細い山道の先にあるこの温泉は、まさに一軒宿の秘湯です。

本館で受付を済ませて、自炊棟の部屋を時間借りしてゆっくりさせていただきます。
部屋に行く途中、何気なく見た「公衆電話」の案内があり、手元を確認すると携帯が圏外でした。
まさに日頃の煩わしさから開放される秘湯の宿です。
昼間と違って、夜は冷え込むのでしょうか、5月の終わりの部屋にはコタツがありました。

温泉は、「上の湯」と「下の湯」の二ヶ所あり、それぞれ別棟になっています。
「上の湯」はその名の通り、「下の湯」より上の建物です。

湯川内温泉 かじか荘

上の湯の浴槽は、透明度が高く底までくっきりと見えます。
この浴槽、上部の仕切りはありますが隣の女湯とつながっています。
温泉の色は光のかげんで青くなり、コバルトブルーの湯とも言われています。
その温泉が浴槽の足元から気泡とともにグングンいきよいよく沸いて浴槽からかけ流されていきます。
ものすごく贅沢な温泉です。

湯川内温泉 かじか荘下の湯の浴槽は少し広めで、その透明度と足元自噴の至福は上の湯と変わりません。
やっぱり、足元自噴は最高です。

泉温は40度程度で、冬場は少し冷たいので沸かし湯になるそうです。
訪問するなら、春先から秋にかけて源泉かけ流しを堪能するのをおすすめします。

温泉基本情報

<上の湯>
源泉名:湯川内1号
泉質:アルカリ性単純温泉

<下の湯>
源泉名:湯川内2号
泉質:アルカリ性単純温泉

料金・アクセス情報など

住所:鹿児島県出水市武本2060
電話:0996-62-1535
料金:300円(小学生以下100円)
営業時間(日帰り):7:00から21:00受付まで(21:30までに退館)
定休日:第2、第4木曜日

HP:湯川内温泉 かじか荘
http://www.yugawauchi-onsen.com/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事