川湯温泉 湯の川 足湯
スポンサーリンク

温泉の川にある足湯

北海道の阿寒国立公園にある川湯温泉の真ん中を流れる「湯の川」を訪問しました。
川湯温泉は「源泉100%かけ流し宣言」の温泉地で、アイヌの人々には「セセキベツ」と呼ばれていて、本格的な開湯は明治37年のことだそうですが、それ以前から湯治場として親しまれてきたようです。
「セセキベツ」とは、「セセキ」とはアイヌ語で「熱い」、「ベツ」は「川」という意味だそうです。
モウモウと噴煙を上げる硫黄山が近くにあるので、温泉も当然硫黄泉で酸性度はかなり強いらしいです。
関西人の私にとって、「湯の川温泉」と聞くと和歌山県にある同名の温泉地を思い浮かべますが、実は北海道にはここの他に函館にも「湯の川温泉」があるので少しややこしいです。
この地は、元横綱の大鵬の出身地なので、大鵬相撲記念館もありました。

川といって、期待するほどの湯量で温泉は流れていませんでした。
湯の川上流にある足湯は無料ですが、掃除が行き届いていて、丁寧に管理がされています。
硫黄泉なので、施設の維持は大変なんだと思います。

温泉基本情報

泉質:酸性硫化水素泉・酸性硫黄泉
泉温:35-65.5度

料金・アクセス情報など

住所:北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目3番40号(川湯温泉観光案内所)
料金:無料
営業時間:24時間

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事