磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部
スポンサーリンク

研修設備が充実

磐梯熱海温泉にある「清稜山倶楽部」を、日帰り入浴で利用させていただきました。
ここは宿泊施設の他に、研修施設としても利用出来るようになっているようです。
もともとはスポーツ専門店のゼビオグループが経営をしていましたが、2019年10月にホテルの再生事業を行うワールドリゾートオペレーショングループに売却されました。

磐梯熱海温泉は、850年ほど前の室町時代に、京に住む公卿万里公路重房の一人娘「萩姫」が不治の病にとりつかれて、95日の旅の末に発見したと伝えられている温泉地です。
フロントで入浴料を支払い、一階のロビー奥にある大浴場へ向います。

男湯の暖簾が間違いで反対にかかっているのに、少しだけ躊躇しました。
脱衣所にあるアメニティはホテルだけあって平均的なものはすべて揃っていて、掃除も行届いていました。
磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部石畳の大浴場はそれほど広くはありませんが、浴槽から温泉がオーバーフロー状態です。
その温泉は、ホテルのすぐ近くにある市営の温泉タンクからの引き湯です。
手前が内湯で、大きなガラスの向こうが露天風呂になっています。
露天といっても、四方を壁に囲まれていて開放感はありませんでした。

温泉基本情報

泉質:アルカリ単純泉
効能:胃腸病、婦人病、リュウマチ性疾患、神経麻痺、運動機障、神経痛、
病後回復期、疲労回復
泉温:54度

料金・アクセス情報など

料金:
< 平 日 >大人550円、子供330円
<土・日・祝>大人880円、子供550円
※フェイスタオル(使い切りタイプ)220円、バスタオル 330円
日帰り利用:10:30~15:00、16:00~24:00 ※要確認
住所:福島県郡山市熱海町熱海5-18
電話:024-984-2811

HP:磐梯熱海温泉 清稜山倶楽部
http://www.seiryozan.jp/index.htm

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事