おすすめの記事
稲城天然温泉 季の彩
スポンサーリンク

TVチャンピオンの「日帰り温泉選手権」で優勝した内田茂樹氏が席を置く温泉施設事業をメインとする「株式会社楽久屋」の日帰り温泉「季の彩」(ときのいろどり)を訪問しました。
この温泉施設は、JR南武線の”南多摩”駅から徒歩10分ほどのところにあります。

まずは、一階フロントで下駄箱の鍵と引き換えに館内の飲食などの清算も出来るのリストバンドを受け取ります。
温泉施設や休憩室などは二階。
退館しない限り何度でも再入浴可能なので一日のんびりと過ごせます。

内湯の主浴槽は、循環の温泉。
温泉の色は薄いコーラ色でした。

内湯にはその他に温泉ではありませんが、寝湯やジェット風呂、人工炭酸泉、水風呂などがありました。

露天には、「源泉かけ流し」と表示のある浴槽。
源泉泉温が41.4度にしては浴槽の温泉は少しだけ温かいので加温をしているのかもしれません。
この浴槽から棚田式で、隣に段を下げている循環式の浴槽に温泉が流れています。

その他に、白湯のつぼ湯や檜風呂もありました。
また、サウナはドライサウナとスチームサウナの2種類になっていました。

残念ながらこちらはよくあるスーパー銭湯とあまり変わりは感じられませんでした。

源泉名:稲城天然温泉
泉質:ナトリウム 炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉温:41.4度
PH:8.1
湧出量:355L/分

住所:東京都稲城市向陽台6-13
電話:042-370-2614
料金:平日830円、土・日・祝日980円
営業時間:平日9:00-25:00、土・日・祝日7:00-25:00

HP:稲城天然温泉 季の彩

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 第2波には用心ですね。温泉活動自粛継続中。

スポンサーリンク
おすすめの記事