おすすめの記事
銀山荘
スポンサーリンク

銀山温泉街の入口にある「銀山荘」に日帰り入浴で訪問しました。
このホテルは、他の銀山温泉の宿とは異なり近代的な造りで大型の宿泊施設です。
古きよき雰囲気の銀山温泉にあって、その古びた感じの宿の宿泊を好まない人にとっては、これはこれでアリなのかもしれません。

フロントで受付を済ませて大浴場へ向かいます。
ランチとセットでの入浴プランもあるのでそちらを利用したほうがお得ですが、私はすでにお昼を済ませていたので入浴のみにしました。

ホテルなので、脱衣所のアメニティも充実しています。
雪深い真冬の昼間なので、利用客もそれほど多くはなかったです。
銀山荘内湯の主浴槽そのまま外まで伸びていて、移動には外につながる扉があります。
つまり、内湯と外湯は同じ浴槽になっている造り。
内湯の浴室内は、気温の差からかなり温泉の蒸気で雲っています。

こちらが主浴槽の外側の露天風呂で、内湯同様に広々としています。

露天風呂の先には寝湯がありました。
深々と振る雪の森の静寂の中で、寝転びながら温泉を満喫することが出来ます。

雪が降っているときって、なんでこんなに静なんでしょうかね。

泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物-硫酸塩温泉
効能:胃腸病、神経痛、創傷、皮膚症、婦人科疾患、痔疾、リウマチ
泉温:60度

住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑85
営業時間:10:00-13:30
料金:大人1,000円(税込)、こども(1歳から12歳まで)500円(税込)
※フリードリンク付き

HP銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘

時間:10:00~13:30
料金:大人1,000円(税込)、こども500円(税込)(こどもは1歳から12歳まで)
※フリードリンク付きです。

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 第2波には用心ですね。温泉活動自粛継続中。

スポンサーリンク
おすすめの記事