国立温泉 湯楽の里
スポンサーリンク

JR南武線”矢川駅”を下車して「国立温泉 湯楽の里」(くにたちおんせん ゆらのさと)を訪問しました。

駅前の道路をまっすぐに歩くこと15分。
ホームセンターと隣接して目指す「国立温泉 湯楽の里」がやっと見えてきました。
一階は駐車場で二階が温泉施設。

階段を上がって、フロントで館内清算用のリストバンドをもらいます。

露天風呂の右手の屋根の下にある浴槽が源泉かけ流し。
正面は少し温度の低い温泉浴槽でこちらは循環。
色は、薄い茶褐色で少し油匂い。

天気がいいとここから富士山が眺められるとのことでしたが、訪問時は曇りでその雄姿は残念ながら拝められませんでした。
内湯は、人口炭酸泉と薬湯に水風呂。
サウナは高温サウナと塩サウナの二種類。

風呂上りは、テレビ付きのリラクゼーションチェアでごろ寝。
漫画本も沢山置いてありました。
もちろん何度でも再入浴可能なので、ゆっくり過ごすことが出来ます。

フロントで会計を済ませて、退館カードを貰って帰りました。

源泉名:国立温泉 湯楽の里
泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
泉温:48.5度
PH:7.95
湧出量:724L/分

住所:東京都国立市谷保3143-1「フレスポ国立南」内
電話:042-580-1726
料金:<平 日> 大人(中学生以上)870円、こども(0歳~小学生以下)430円
<土・休日・特定日> 大人(中学生以上)980円、こども(0歳~小学生以下)530円
営業時間:9:00-25:00(最終受付24:00)
定休日:年中無休(メンテナンス休業あり)

HP:国立温泉 湯楽の里

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

温泉ブログランキングに参加しています。
下記、バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

 温泉の入浴は十分注意して楽しんでください。

スポンサーリンク
おすすめの記事