東京天然温泉 古代の湯
スポンサーリンク

金色の温泉

昨今では健康ランドはどんどんと廃業して無くなっていますが、その中でも東京都内で頑張っているのが「東京天然温泉 古代の湯」です。
立地が悪く、電車では直接は行くことが出来ません。
総武本線新小岩駅または常磐線亀有駅か金町駅、京成線青砥駅から無料の送迎バスが発着しています。
私は、新小岩駅の南口から送迎バスを利用することにしました。
駅前のロータリー正面に非常に判りやすい看板があり、待合室までありました。
送迎バスの本数は10分に1本と多いです。

建物は4階建てで、1階が駐車場と受付、2階が大浴場、3階が中華レストランに休憩エリアやゲームにカラオケルームなどで4階にもレストランやステージなどがあります。
1階のフロントで受付を済ませて、早速2階の大浴場に向います。
訪問時は、「男湯がメンテナンス中なので、女性用の大浴場をご利用ください。」と言われ、じゃあ女性客はどうなるんだろうか?と疑問に思いながら脱衣所のロッカーに館内着を入れて、浴室へ向いました。

内湯の浴槽はいろいろあって、温泉は一部の浴槽だけ使用されています。
歩行湯は浴槽底に玉砂利を敷き詰めていて、湯の中を歩きながら足裏のツボを刺激してくれます。
その他に寝湯やジャグジーなどもありますが、いずれも温泉ではありません。
サウナは、スチームサウナと高温と中温のドライサウナの計3種類がありました。

東京天然温泉 古代の湯露天風呂は、大理石の浴槽で3段の棚田式です。
温泉が上段から中段、下段へと流れ落ちるので、それに伴い泉温も上段からだんだんとさめて下段の浴槽はぬる湯になる仕組みです。

湯上りは、館内着に着替えてリクライニングルームでテレビを見ながらのうたた寝や、大広間のステージで演芸を楽しんだり、レストランで食事をしたりと1日遊べます。

しかし、寂しいくらいに人がいなかった。

温泉基本情報

源泉名:東京天然温泉 古代湯
泉質:含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩温泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・切り傷
・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・健康増進・慢性皮膚病・火傷・虚弱児童
・慢性婦人病など
泉温:41.5度
泉温:250L/分
PH:7.73

温泉基本情報

住所:東京都葛飾区奥戸4-2-1
料金:大人2,680円、小人1,320円、深夜料金増料金(深夜1時以降在館の場合)1,650円
※キャンペーンをよくやっていますので、ホームページで確認してください
営業時間:10:00-翌8:00

HP:東京天然温泉 古代の湯
http://www.kodainoyu.jp/

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事