【鹿教湯温泉 町高梨共同浴場】地元の方々の憩いの温泉に入浴
スポンサーリンク

湯口はライオン

「町高梨共同浴場」は鹿教湯温泉にある地元の人が利用する共同浴場で、いわゆる”ジモ泉”と呼ばれる温泉施設です。
”町”と”高梨”がこのあたりの地区の名称で、そこからこの共同湯の名前が付いています。
場所は通りに面した公民館の横の細い路地を入って行くのですが、特に看板などはないので少し迷うかもしれません。

入浴料は脱衣所にある料金箱に投入するので、おつりの無いように事前に準備が必要です。
訪問時は、地元の人がおひとりいらっしゃいました。
脱衣所と浴室の間がガラス張りになっているのは、鍵のない脱衣ボックスを盗難防止のためだからでしょう。

鹿教湯温泉 町高梨共同浴場

ライオンの口から溢れ出る温泉は混合泉ですがかけ流しになっています。
しかもちょうどいい温度で、浴槽から溢れ出るかけ流しの温泉を堪能させていただきました。

温泉基本情報

源泉名:鹿教第2号、3号、4号、5号、6号混合泉源泉
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温:42度(使用位置)

料金・アクセス情報など

料金:200円
営業時間:7:00-21:30
定休日:無休

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。
感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事