中尾温泉 まほろば
スポンサーリンク

かけ流しの温泉

「まほろば」は、岐阜県の飛騨地方、奥飛騨温泉郷の最奥に位置する中尾高原にある宿泊施設です。
このあたりは、槍ヶ岳・錫杖岳・笠ヶ岳・焼岳など、北アルプスに囲まれ豊かな自然を身近に感じることができる静かで落ち着いたエリアです。
中尾温泉では、どの宿も循環・塩素消毒を行わない、いわゆる「かけ流し」で温泉を使用しています。
建物はロッジ風で、ロビーには蒔きストーブが設置されていました。
フロントで部屋の鍵を受け取り、二階の部屋まで荷物を自分で運びます。

部屋は8畳の和室で、トイレや洗面所はなく共同でした。

大浴場は1階で、脱衣所にはこれといったアメニティもなくてとてもシンプルです。

中尾温泉 まほろば浴槽は内湯に主浴槽がひとつあるだけです。
泉温が高いので、加水されていますがかけ流しになっています。
この宿には、4つの貸切露天風呂がありますがそちらにはカラン(洗い場)はないのでこの内湯で身体と頭を洗いました。

中尾温泉 まほろば4つの貸切露天風呂はすべて中庭にあります。
空いていれば、いつでも好きな時に入浴することが出来ます。

中尾温泉 まほろば「笠の湯」は。、貸切露天風呂の中で一番大きくこの大きな浴槽を貸切れるのはとっても贅沢な気分にしてくれました。

中尾温泉 まほろば

「錫杖の湯」は、朝食前の朝湯でのんびりと楽しみました。

中尾温泉 まほろば「穂高の湯」はこじんまりとしていて、1~2名向きです。

「焼岳の湯」も広い露天風呂でした。

4つの貸切露天風呂はどれも緑におおわれてとても気持ちよかったです。

中尾温泉 まほろば

食事は一階の食堂になります。
晩御飯にはお肉もあり、しめにはお蕎麦も出てきてボリューム満点でした。

中尾温泉 まほろば朝食の焼き魚はカマス。
ここ岐阜県の奥飛騨から海のある富山県までは以外と近いので海のお魚です。
このあたりの朝食の定番である、大葉の焼き味噌はご飯がすすみました。

温泉基本情報

源泉名:中尾温泉1号、3号、4号、5号、6号混合泉
泉質:単純温泉(低張性-中性ー高温泉)
泉温:84.5度
PH:6.87

料金・アクセス情報など

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾206
電話:0578-89-2382

HP:中尾温泉 まほろば
https://hpdsp.jp/okuhida-mahoroba/

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事