おすすめの記事
七里田温泉 下湯温泉共同浴場
スポンサーリンク

下湯温泉共同浴場(したゆおんせん)は、無人の温泉施設なので無銭入浴を防ぐために鍵がかけられています。
この共同浴場を利用するには、近くにある七里田温泉館「木乃葉の湯」で入浴料を支払って鍵を貸してもらいます。
また、その鍵を持ち帰らないようにするために保証金を預けて、入浴後に鍵を返却すると保証金を戻してくれる仕組みになっています。

鍵の受け渡しはありますが、貸出する鍵はいくつもあるので貸切の温泉ではありません。
この温泉は通称「ラムネの湯」とも呼ばれていて、最近知名度が上がって今では入浴時間が1時間に制限されています。
建物は数年前にリフォームをして、真新しいペンキで塗り替えられています。

建物入り口のドアを開けると廊下になっていて、ここで男女の浴室に分かれるようになっています。
脱衣所もトイレもとても綺麗になっていました。

七里田温泉 下湯温泉共同浴場

浴槽だけは昔の名残を残していて年季が入っています。
湯口の横には、換気扇が付いています。
これは、テレビでこの温泉が二酸化炭素の濃度が高く危険な温泉だと紹介されたので、その対策として換気用に取り付けられたものです。
実際には、隙間だらけの共同浴場だったので事故が起きた記録はないそうです。(戦後まもなくに地元の人が浴室で、おひとり亡くなっていたらしいのですがその死因は不明です)
入浴すると温泉の強烈な炭酸が期待通りに身体にまとわりついて、肌は気泡だらけになります。
さすが、日本一の炭酸泉と言われるだけのことはある温泉です。

七里田温泉 下湯温泉共同浴場湯上りは、七里田温泉館で温泉たまご入りのきつねうどんとおにぎりをいただきました。
そして食後は、休憩室の畳でしばしお昼寝となりました。

上記は、昔ここを訪問した時の共同浴場の写真です。
建物は今よりも古ぼけてはいますが、どことなく面影が残っています。

泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
効能:不明
泉温:36.1度
PH:6.3

住所:大分県竹田市久住町有氏七里田4050-1
料金:500円
営業時間:9:00-21:00
定休日:毎月第二火曜日

HP:七里田温泉館

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事