おすすめの記事
天ヶ瀬温泉 古湯
スポンサーリンク

天瀬温泉の中心を流れる玖珠川沿いには七つの共同浴場があります。
川から丸見えの「かじかの湯」の後ろの斜面にある共同浴場の「古湯」に入浴しました。
ここは、観光案内所などでは公式には案内がされていない共同浴場ですが一般の人も利用は可能です。
しかし、毎日お湯が入っているとは限らない不定期で入れる温泉なので要注意なんです。
入浴料金は備え付けの缶に投入します。
この料金入れには、セキュリティ機能は一切ありません。
天ヶ瀬温泉 古湯建物はブルーシートとトタンで浴槽はコンクリート製。
これ、仮設とかではなくてこれで常設の温泉施設なのです。
浴槽はひとつだけなので、男女共用の混浴の共同浴場となります。
しかも、半露天風呂になっています。
脱衣所もないので、浴槽の脇で服を脱ぎ捨てます。
温泉が少し熱かったのでホースの水で加水で泉温を調整しました。
硫黄泉の細長い湯の華と戯れながら、100円のかけ流しを満喫させていただきました。

混浴ですが、いつも通りに最初から最後まで私一人でだれも温泉には入りに来ませんでした。

泉質:硫黄泉

住所:大分県日田市天瀬町
料金:100円
営業時間:不明
定休日:不明

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 やっと緊急事態宣言解除です!
スポンサーリンク
おすすめの記事