【三原温泉 さんゆ~館】淡路島にある南国の洋館のような温泉施設
スポンサーリンク

浴室は日替わり

「さんゆ~館」は、淡路島のどかな田園の中に忽然と建っている西洋風の日帰り温泉施設です。

三原温泉 さんゆ~館建物の前には、温泉スタンドがありました。

入口を入り下駄箱に靴を入れると、そこは天井の高いエントランスになっています。

そのエントランスと受付フロントの間には、地元の野菜やお土産などが販売されていました。
浴室までの廊下には、温泉分析書が掲示されています。
途中、軽食コーナーや休憩室もありました。

三原温泉 さんゆ~館大浴場は「おのころの湯」と「ゆづるはの湯」と名付けられていて、男湯と女湯は日替わりになっています。
和風の浴室「おのころの湯」は、奇数日は女湯で偶数日は男湯になります。
「ゆづるはの湯」は、洋風の浴室になっています。
図面のピンク色の浴室が「おのころの湯」で、ブルーが「ゆづるはの湯」になり、訪問時の男湯は「おのころの湯」でした。

三原温泉 さんゆ~館「おのころの湯」は、いざなぎ・いざなみの国生みの神話の地「おのころ島神社」にちなんで名付けていて、ジェットバス・電気風呂・スチームサウナ、岩風呂の露天風呂があります。
「ゆづるはの湯」は、縁起がいいとされるユヅリハの木と、鶴が熊野詣での途中に羽を休めた伝説で知られる諭鶴羽山にちなんだ洋風の浴室で、大きなスタジアムサウナがあります。

三原温泉 さんゆ~館ここには、温泉の他に夏場に水着で楽しめるバーディゾーンがありますが、残念ながらコロナの影響でここ2,3年運営されていないとのことでした。

温泉基本情報

源泉名:三原温泉(1号泉)
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
泉温:28.5度
PH:8.43

料金・アクセス情報など

住所:兵庫県南あわじ市神代社家2332
電話:0799-43-3939
料金:大人(中学生以上)630円、小人(3歳-小学生)310円、幼児(3歳未満)無料
※老人(65歳以上)・障害者520円
営業時間:10:00-22:30
※最終受付22:00
定休日:第2火曜日
※祝日の場合は、前後の日振替、8月は休館日なし

HP:三原温泉 さんゆ~館
https://www.kaigetsu.jp/sanyukan/

パンフレット

三原温泉 さんゆ~館
三原温泉 さんゆ~館
浴室内の写真は、ホームページより転載。
記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。
感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。



ブログランキングに参加しています。
お手数ですが、下記のバナーをクリックしていただくと1票カウントされます。
↓↓応援お願いいたします。↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スポンサーリンク
おすすめの記事