おすすめの記事
山空海温泉
スポンサーリンク

大阪の寂れた温泉

大阪の秘湯と言われている「山空海温泉」を訪問しました。
しかし最近では、ネットやテレビの露出も増えてきてメジャーな温泉へ仲間入りした感も否めません。
一庫ダムから604号を川に沿って車を走らせると、目指す建物の屋根が左手に見えます。
狭い道から細い橋を渡って駐車場に車を停め、川沿いの畦を歩いていくと目指す温泉はあります。

畦道の先にあるこのバラック群が、受付や休憩所、温泉施設だったりします。
こちらで、おじさんに入浴料を支払います。
昔は、ちゃんと券売機があったのですが大雨で川が氾濫して流されちゃいました。
そして、券売機はリプレースすることはなく、おじさんへの現金払いになりました。
山空海温泉

温泉棟のバラックは昔のままですが、脱衣所のロッカーなども綺麗になっています。

浴室も綺麗にリフォームされていますが、昔と変わらず熱い湯とぬるい湯に仕切られた湯浴槽と真四角の小さな源泉浴槽があります。
ほのかに硫黄臭のする温泉は、加温はされていますが、循環することはなく浴槽へ投入されています。
湯は、あつ湯の浴槽から仕切りの溝を通って、ぬる湯の浴槽へ流れていきます。

温泉分析なんて野暮なことはしていない、好きな人さえくればいい大阪の田舎にある温泉です。

温泉基本情報

源泉名:不明
泉質:不明
効能:不明

料金・アクセス情報など

料金:大人800円、小人500円(12才未満)、幼児:300円(3才未満)
営業時間:<4月~9月>
平日10:00~18:00
土曜10:00~19:00
日祝 8:00~19:00
<10月~3月>
平日10:00~17:00
土曜10:00~18:00
日祝 8:00~18:00
定休日:木曜日・金曜日

住所:大阪府豊能郡能勢町下田尻801

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事