おすすめの記事
城崎温泉 まんだら湯
スポンサーリンク

まんだら湯 ~一生一願の湯~

城崎温泉の外湯(共同浴場)の”まんだら湯”は「商売繁盛・五穀豊穣、一生一願の湯」とも言われています。
この湯の名の由来は、養老元年(717年)温泉寺を開祖した道智上人の曼陀羅一千日祈願によって湧き出たからだそうです。
その後八百年を経た頃に、急に温泉が熱湯となってしまったところ、今度は運よく来あわせた京都の僧日真上人が曼陀羅を書いて泉底に沈め、修法の結果適温に戻ったとのいい伝えが残っています。
どうやらこの温泉は、仏様(お坊さん)に縁があるみたいです。
そのためか建物の屋根は、寺院をイメージして造られています。

入口を入るとこの温泉を開湯した道智上人とその由来を記した石碑がありました。
浴室は、内湯の大浴場と露天につぼ湯がふたつあります。

温泉基本情報

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)

料金・アクセス情報など

住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島565
料金:600円
営業時間:15:00-23:00
定休日:水曜日

※城崎温泉宿泊者は無料。
※残念ながら2019年8月に訪問をした時には、浴室内の写真撮影は禁止となっていました。

城崎温泉 一の湯

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
 現在このブログにてご紹介をしています施設に関しては、緊急事態宣言発令前のもです。
 近畿圏の非常事態宣言解除です。全面解除まであと少し。3密を避けてもうひとふん張りでがんばりましょう!
スポンサーリンク
おすすめの記事