【淡路島 谷山ぬる湯と温泉寺(薬師堂)】荒れ果てた公園に温泉井戸
スポンサーリンク

入浴できません

「谷山ぬる湯」は、淡路島北部にある井戸です。
井戸の蓋が半開きになっていて、井戸水を手に触ることができます。
口に含んでみましたが特に温かくもなく、無味無臭でした。

淡路島 谷山ぬる湯と温泉寺この井戸のある草木の生い茂った場所は「ぬる湯公園」となっていますが、手入れはされてはいません。

淡路島 谷山ぬる湯と温泉寺近くの川に流れ出る水は、その成分から赤くなっているので、鉄分を含んでいるようです。

淡路島 谷山ぬる湯と温泉寺すぐ近くには、「温泉寺」と呼ばれる薬師堂がありますが、その中をうかがうことはできませんでした。

案内板には

温泉寺
薬師堂(温泉寺)にまつわる話として
享和年間(1802年頃)
農夫二人が
岩屋まで用事があり出向く途中
海辺にピカピカ光るものを見つけ、
恐る恐る歩み寄りあかりで見ると薬師の木像であった
それを拾い持ち帰ったが
その時ロウソクの燃えさしが五分(半分)ばかりであった
ところが不思議なことに二里(約八キロ)夜道を歩いて帰ったが
ロウソクは少しも減らずそのままであった
これは
まさしくお薬師様の霊力による有難いご利益であって温泉に縁のあるものだと
堂宇(どうう)を建ててお祀りしたのが
このお薬師堂であるとのことです

との記載がありますが、肝心の温泉にまつわる記述は一切ありませんでした。

淡路島 谷山ぬる湯と温泉寺

料金・アクセス情報など

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。
感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。







スポンサーリンク
おすすめの記事