おすすめ
鍬渓温泉 きすみのの郷

鍬渓温泉は、塩分を多く含む冷鉱泉で、湯が枯れることなく滾々と湧き出すことから「塩の井」と呼ばれていました。
由諸によれば、天正9年(1581年)にこの地域で疫病が流行し、住民がことごとく疫病に侵されたそうです。
翌年、鎌倉時代から来住地区の守り神として祀られてきた鍬渓神社より「此の地に吾を遷し奉れり。山麓に涌水を湧す。」とのご神託があり、山麓から冷泉が湧き出し、沐浴するとたちまち疫病が治ったとのことです。
昔は湯治場として宿が軒を連ね、大勢の客で賑わっていたこともあり、大正の初めには播州鉄道(現在のJR加古川線)の開通に伴い温泉施設が整備され、「鍬渓温泉」として親しまれてたそうです。
写真の三角屋根の茶色の建物の中に「塩の井」はあります。鍬渓温泉 きすみのの郷

鍬渓温泉は、1994年に地元の方が湯船や脱衣所などのを設けた建物を造って細々と営業をされていました。
その後、地元の老人会などに受け継がれましたが、2010年にボイラー用燃料タンクの配管が切断され残念ながら廃業となってしまいました。
現在の「鍬渓温泉 きすみのの郷」は、小野市が鍬谷温泉の再生のための1億6000万円を投じて2018年5月10日に営業を開始しました。
歴史のある温泉が復活したのは嬉しいことです。

受付で入浴料を支払うと、ロッカーキーを貸してくれます。
この温泉、内湯のみで浴槽が小さくて、洗い場(カラン)も2つしかないので定員は6名といったところでしょうか。
混雑していると、入浴は制限されるので待たされることになります。
洗面台は2あり、ドライヤーは無料です。


鍬渓温泉 きすみのの郷

こちらが、内湯の浴槽。
冷鉱泉なので、加温で循環式。
やはり3~4名の入浴スペースですね。
洗い場には、ボディソープとリンスインシャンプーがありました。

休憩室と食堂があるので、風呂上りもゆっくりと出来ます。
ただし、入浴後は順番待ちもあるので速やかにロッカーの鍵を返却しないといけません。

鍬渓温泉をあとにして、次の目的地「白雲谷温泉 ゆぴか」に行ったらまさかの閉館。
2019年8月19日から2019年12月23日までリニューアル工事でした。
残念・・・・(事前リサーチ不足でした)
気を取り直して小野市街まで戻ってお昼ご飯にします。
わざわざ小野市まで来たのは、「らんめん」へラーメンを食べるため。
久々の中華そばはやっぱり美味かった。

源泉名:塩の井
泉質:含鉄-ナトリウム-塩化物泉
泉温:16度(冷鉱泉)

住所:小野市下来住町659
料金:大人(中学生以上)600円、小人(小学生)300円※小学生未満無料
営業時間:11:00-20:00(受付終了19:30)
定休日:火曜日・水曜日

HP:鍬渓温泉 きすみのの郷

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事