飯坂温泉 十綱の湯
スポンサーリンク

1北海道 屈斜路湖 砂湯

水着で入浴する野外の温泉

ここは、その名の通り屈斜路湖の湖畔の砂場を掘れば温泉が湧き出てくるところです。
砂は手でもい掘れるくらいきめ細やかです。
木で枠組みをしている立派な浴槽まであり、温泉の温度は、40度くらいの適温ですが、さすがに人の多い中で裸の入浴は無理なので、夏場に、水着を着て入浴するのが一番自然かと思われます。

泉質:ナトリウム・炭酸水素塩泉
効能:リュウマチ・火傷など

住所:北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔砂湯
料金:無料
営業時間:24時間

 

2東京都 江戸川区 乙女湯温泉

源泉の水風呂でさっぱり

地下鉄東西線の「船堀駅」から徒歩で訪れることが出来る温泉です。
街中の銭湯に湧出る温泉で、真黒な色をしています。
源泉温度が、17.9度と低いので加温されていますが、実はこの銭湯には源泉をそのまま使った源泉かけ流しの水風呂があります。
暑い夏の日になら、冷たい源泉風呂にも気持ちよく入浴出来るのでぜひ訪問をしてみてください。

源泉名:乙女湯温泉
泉質:メタケイ酸・重炭酸ソーダ
泉温:17.9度
PH:8.32

住所:江戸川区船堀7-3-13
電話:03-3689-1854
定休日:月曜(祝日は翌日休)
営業時間:15:00-24:00(日祝は14:00-23:30)

入浴料金(東京都公衆浴場組合料金)
大人(12才以上)       470円
中人(6才以上12才未満)180円
小人(6才未満)
※令和1年10月1日改定料金より実施の入浴料金

HP:乙女湯温泉(東京都公衆浴場組)
https://www.oyunofuji1010.com/gallery/1839/

 

3長野県 白骨温泉 笹屋

クーラーいらずの避暑地の温泉

避暑を兼ねて訪れてほしい温泉地のひとつが長野県と岐阜県の県境にある「白骨温泉」です。
部屋にクーラーはないけれど、快適に過ごすことが出来ます。
10部屋程度のこの宿は、日常の喧騒を忘れてゆっくりできます。
そして、なによりのおすすめは、あまり大きくはないですが白濁湯の大浴場です。
宿泊者は無料で貸切露天風呂を利用することができます。

源泉名:小梨の湯
泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉
泉温:52.5度

住所:長野県松本市安曇4182-1
電話:0263-93-2132

HP:白骨温泉 小梨の湯 笹屋
http://konashinoyu.com/

 

4沖縄県 琉球温泉 龍神の湯

夏観光のメッカで温泉

数は少ないけれどリゾート地沖縄にも温泉はあります。
ここ「龍神の湯」は、多くの若者が訪れる那覇空港近くのアイランドリゾート「瀬長島ウミカジテラス」にあり、露天風呂からの眺めも最高です。
夏の沖縄旅行の思い出に温泉も加えてみてはいかがでしょうか。
源泉名:不明
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉

住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5
電話:098-851-7077
料金:大人(中学生以上)/平日1,360円 土日祝1,570円
小人(小学生)/740円  幼児/無料
営業時間:6:00~24:00(23:00最終受付)

HP:琉球温泉 龍神の湯
http://www.hotelwbf.com/senaga/jp/hotbath/index.html

 

スポンサーリンク
おすすめの記事