おすすめ
鹿児島の温泉 日本湯子小屋物語

1971年に、鹿児島県日当山温泉郷(ひなたやまおんせん)で初めて家族風呂を開業した老舗の温泉施設「日本湯子小屋物語」を訪問しました。
日当山温泉は、隼人温泉とも呼ばれていて、木房温泉(西郷どん湯)や東郷温泉(しゅじゅどん温泉)など隼人町東郷から隼人町内にかけてのさまざまな温泉の集まりの総称です。
霧島市にあるので、霧島温泉郷としてここを紹介しているところもあります。
「日本湯子小屋物語」は、開業当時は「家族湯一番」という名前だったそうです。
2011年に今の店名である「家族温泉絵巻 日本湯小屋物語」になりました。
建物もリニューアルされていてとても綺麗です。
一番人気は、子供が喜ぶすべり台付きの貸切風呂だとか。

日本湯小屋物語には全部で16の貸切のお風呂があり、今回は「羽衣天女の湯」におじゃますることになしました。
ここには大浴場はなく、すべて個室の貸切のお風呂です。
この部屋には内湯と露天風呂、それと休憩室があります。
内湯と露天風呂はガラスで仕切られていて、内湯に洗い場があります。
かけ流しの温泉を時間いっぱい独り占めさせていただきました。

人気のある温泉施設で、土日などの混雑時はかなり待たされます。
事前に予約をしての訪問がおすすめです。

訪問日:2019年6月

源泉名:姫城126号
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉(低調性、弱アルカリ性、高温泉)
泉温:52.5度
PH:7.7

住所:鹿児島県霧島市隼人町姫城2486番地1
料金:1700円~
営業時間:10:00‐24:00(23:00受付終了)

HP:日本湯子小屋物語

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事