鹿児島の温泉 日本湯子小屋物語

1971年に、鹿児島県日当山温泉郷で初めて家族風呂を開業した老舗
の温泉施設「日本湯子小屋物語」を訪問。
開業当時の名前は「家族湯一番」。
2011年に今の店名になりました。
建物はリニューアルされていてとても綺麗です。

日本湯小屋物語には全部で16のお風呂があり、今回は「羽衣天女の湯」。
内湯と露天風呂、それと休憩室があります。
内湯と露天はガラスで仕切られていて、内湯に洗い場があります。
かけ流しの温泉を時間いっぱい独り占めさせていただきました。

訪問日:2019年6月

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉(低調性、弱アルカリ性、高温泉)
泉温:52.5度
PH:7.7

住所:鹿児島県霧島市隼人町姫城2486番地1
料金:1700円~
営業時間:10:00‐24:00(23:00受付終了)

HP:日本湯子小屋物語

 

記載の情報は訪問時のものですので、現状に関しましてはご自身でご確認ください。感想・評価などは管理人の個人的な私見であることをご了承ください。
このブログの応援お願いします。 「ブログ村」のバナークリックしてください  m(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
いいね!ボタン 5 いいね!
読み込み中...
おすすめの記事